【連載記事一覧】やさしく読めて早く効く。ファンド初心者卒業計画

やさしく読めて早く効く。ファンド初心者卒業計画
この記事は約4分で読めます。

当連載では投資信託(ファンド)の基本をしっかり解説させていただきます。

連載を通して「右も左も分からない投資信託初心者が自分で投資信託を選べるようになる」ことをゴールとしてナビゲートさせていただきます。
タイトルに恥じないよう、読みやすい記事を心がけて参ります。

【記事まとめ】やさしく読めて、早く効く。ファンド初心者卒業計画

【第1回】投資信託(ファンド)のコストとは?

良いファンドをどうやって選んだらいいんだろう・・・?
いっぱい種類がありすぎて選びきれないんだけど。

少し発想を変えましょう。
「良いファンドを選ぶ」より先に「ダメなファンドを除外する」事が大事です。
そうすれば少なくとも「数が多すぎて選べない」という事態には陥りません。

じゃあダメなファンドってどういう物かと言いますと、コストの高いファンドです。

コストの高いファンドは物の分からない人にしか売れないので、ファンド自体の内容もまた、物の分からない人にしか売れない程度のクオリティであることがほとんどです。

当記事では各コストの意味と、高い/安いといった目安を完全解説いたします。
ファンド選びの第一歩、踏み出してみましょう。

【第2回】ロボアドバイザーは初心者向け?初心者狩りに気をつけて!

でも自分でファンド選ぶのって大変そうだな。
今CMでもやってるロボアドバイザー使えば、ファンド選ぶのも管理するのも全部やってくれるって聞いたんだけど・・・

話題のロボアドバイザーですが、考えなしに飛びつくと後々タイヘンです。

下落相場で耐えられなくなってしまう。
むしろリスク管理がやりにくくなってしまう。
素人運用にも勝てない可能性大。

などなどデメリットが多いので、ここでキレイさっぱりネタバレしてしまいましょう。

【第3回】投資信託とは何か?

投資信託って何だろう?中身がイマイチ理解できないんだよねぇ。
個別に株買うのとどう違うの?

投資信託は株式・債券・不動産などの共同購入の仕組みです。
投資家から資金を集めることで大量に、多くの種類を買えるのって実はすごいメリットと可能性を秘めているのです。

【第4回】投資信託のチャート画面の見方

投資信託のチャート画面って意味の分からないグラフばっかり!
何を見たらいいの?どうなっていればいいの?

チャート画面には基準価額、分配金、純資産総額が載っています。
その中で最重要は純資産総額です。

この記事では純資産総額の推移から、危険ファンドか優良ファンドを見分ける方法を解説いたします。

もしあなたのお眼鏡にかなったファンドの純資産総額が「危険ファンド」の特徴にバッチリ合致していたら、ちょっと考え直してください・・・

【第5回】価格変動リスクの正体を知ろう

投資にはリスクがあるってよく聞くけど、そもそもリスクって何?
価格が動いて元本割れすること?

リスクには色々な種類があります。
価格が動いて元本割れするかも・・・というのは価格変動リスクと呼ばれます。

価格変動リスクはプラスとマイナスの振れ幅の大きさを表します。
プラスに振れることばかりを夢見て価格変動リスクを背負っても、同じぐらいマイナスに振れる可能性があるのです。

解説記事を通して、価格変動リスクの正体と効率的なリスクの背負い方を理解していただければと思います。

【第6回】為替リスクが怖ければ海外資産を持て!?

海外に投資をするのって何か怖いんだよねぇ。
為替レートが動くと損失出ちゃうかも知れないし、全部日本円の資産で良くない?

国内株式に国内債券など日本円の資産ばかり持っていれば為替リスクとは無縁なように見えますが、それは全くの誤解です。
額面が変わらないだけで、日本円そのものの価値は知らないうちに変動しています。

為替リスクを克服するために必要な手段はただ一つ、分散です。
色んな国に投資することで為替リスクに対し中立的でいるのが健全なリスク管理というものです。