【連載記事一覧】愚者小路、渦中の現場から。

【連載記事一覧】愚者小路、渦中の現場から。
この記事は約3分で読めます。
愚者小路
愚者小路

当連載では巷で話題かどうかはさておき、色々な現場に突撃してみた私の体験談をレポートします。
ネットで調べただけでは分かり得ないリアルがそこにある!

スポンサーリンク

「山崎元が斬る!グローバル3倍3分法」(一般投資家向けイベント)

2019年後半にかけて急激な人気を博したグローバル3倍3分法ファンド
運用会社の日興アセットマネジメントは経済評論家の山崎元氏を論客に招き、「山崎元が斬る!グローバル3倍3分法」なるイベントを開催した。

そのイベント観覧に投信ブロガー枠として招待された愚者小路は、山崎氏が斬って斬って斬りまくる「ヤマゲン無双」を夢想しながら半ニヤケで会場に向かうのだった。

運用相談のリアル ~顧客本位は根付いているのか~(全6回)

フィデューシャリー・デューティー(顧客本位の業務運営)という言葉が提唱されてもなお対面証券や銀行のパワー営業は収まる気配がない。
顧客の無知や大人しさに付け込んで今日も誰かに難あり商品を掴ませていることだろう。

そんな有店舗金融機関の実態を明らかにすべく、愚者小路は「当方初心者です」と言い張って証券会社と銀行に来店予約を入れたのだった。
そこで愚者小路が耳にした驚きの提案内容とは・・・?

コロナ騒動で幻の映画となったトマ・ピケティ「21世紀の資本」

2020年3月20日、ベストセラー書籍「21世紀の資本」の劇場版が公開された。
しかし運悪く同時期に新型コロナウイルスが蔓延。
公開翌週には外出自粛要請があり、ほどなく非常事態宣言まで出され、この作品はほとんど人の目に触れなくなってしまったのだ。

そんな「幻の作品」となりつつある劇場版「21世紀の資本」を公開初日に滑り込み鑑賞した数少ない作品レビューである。

「幻の作品」となっているものの、2020/04/25時点では各映画館では概ね「公開延期」という扱いになっている。
良い作品なのでわずかな人の目にしか触れずにお蔵入りなんて悲しすぎるので、いち早い公開再開を願ってやまない。

移管は突然に!?iDeCoから企業型DCになって損した投資家、悲劇の全容を語る(全4回)

iDeCoのリスクを熟考したうえで加入を決心した愚者小路。
2019年1月から拠出開始となったはいいが、勤務先のボスから衝撃の事実を伝えられた。

「愚者小路くん、ウチの会社3月いっぱいで他の会社に吸収合併されるんだ」

移籍先の会社は企業型DCを採用しているためiDeCoは拠出開始したそばから即打ち切りとなり、残高は全て企業型DCに移管しなければならなかった。
どうにか手探りで移管手続きを進める愚者小路が被った損失と不都合、そして確定拠出年金制度が抱える本質的な問題とは?

移管は突然に!?
iDeCoから企業型DCになって損した投資家、悲劇の全容を語る

スポンサーリンク
愚者小路の400字