愚者小路のプロフィール(詳細)

この記事は約5分で読めます。
愚者小路
愚者小路

ご興味もっていただき誠にありがとうございます。
わたくし愚者小路(ぐしゃのこうじ)のプロフィールを色々ご紹介します。


かいつまんでお読みになりたい方は目次から必要なトピックだけ拾ってください。

スポンサーリンク

イメージキャラクター「愚者小路」

当ブログのイメージキャラクター「愚者小路(ぐしゃのこうじ)」はタロットカードの愚者をモチーフに作っていただきました。

ブログのイメージキャラクターは元ネタをデフォルメ化してもらった
愚者小路はウェイト版タロットの「愚者」をデフォルメ化してもらって誕生したのです。の図

昔ほどではないまでも、投資に対する理解がまだまだ得られない世の中。
投資家というだけで「汗水かかずにあぶく銭を得ようと目論む愚か者」と見られることもしばし。(特に積み立て投資家に対してそれは明らかな色眼鏡なのですが)

だったら開き直って愚者を名乗っていようじゃないか、というのが誕生秘話です。

タロットカードの愚者が意味するようにブログ上では、自由で奔放な発想と可能性を持ちながらも、どこか軽率で落ち着きのない夢想家として振舞っていけたらいいなぁ・・・

愚者小路の投資歴

2004年:第2次株ブームの真っただ中に投資デビュー

ネット証券が台頭し始めて株式の取引手数料が大幅に下がったことでデイトレードブームが起きたあたりに投資デビューしました。
(私はこの時代を勝手に第2次株ブームと呼んでいます)

メディアの思惑通り
投資=タイミング良くたくさん売り買いすること
なんて思っていた私に市場は冷たく、あまりパフォーマンスは芳しくありませんでした。

徐々に長期投資に考えをシフトするようになり、バリュー投資や理論株価の計算方法など色々勉強しました。
しかし4000円以上する分厚いグレアム本を放り投げ、どうにか計算してみた理論株価が自分で出しておきながら疑わしく思えてしまうという散々な結果に終わり、投資において自身の中に何の軸もできていない事を強く自覚していました。

愚者小路
愚者小路

自分自身の投資スタイルを確立させる何かが欲しかったんだよ・・・
自身の属性が定まらないほど不安なものはないのです。

2005年:ポートフォリオ運用とインデックス投資を説いた二人の巨匠に巡り合う

色々な投資方法について模索の日々だった私がここでようやく投資信託の書籍に手を伸ばしました。
既にタイミング良く売り買いなんて考えはとうに消え失せ、どういう手段なら長期で持っていられるかを検討していた私のニーズに、投資信託がカッチリ連結したような、そんな感覚を覚えています。

一人目の巨匠:内藤忍さん

ここで一人目の巨匠、内藤忍さん(当時はマネックス証券の社員)の「資産設計塾(初版)」と出会い、アセットアロケーションの考えを学ぶことができました。
当時「どう儲けるか」ばかり説いていた投資本(投機本?)の中で「まずリスクを制御する」という考え方はまさに目からウロコ。

愚者小路
愚者小路

ホント何度も読みました。
資産設計塾の初代塾生を自称できるぐらい。

二人目の巨匠:カン・チュンドさん

アセットアロケーションを決めて実際にどのファンドを当て込もうかと検討しているさなかに、二人目の巨匠であり私が永遠の師匠と呼ぶカン・チュンドさん(当時は晋陽FPオフィス代表)のメルマガと出会いました。
これまた「どうやって儲けるか」ばかりを語る投資業界の中で投資家のメンタリティーを考慮した「やさしい投資」を啓蒙していた異色の存在に見えました。

カンさんのメルマガからインデックス投資の奥義(当時はそう思ったものです)を授かった私はこの辺でようやく現在につながる投資スタンスを確立することができたのです。
インデックスファンドを組み合わせたポートフォリオ運用というシンプルな投資スタンスはこうやって生まれました。

この後はそれほど変わりません。
もう私の中で「しなやかな軸」ができてしまったので、あとは続けるのみ。
(諸事情あって一時期投資をストップせざるを得ない事情はあったのですが、そこはまた機会があれば)

愚者小路の仕事・趣味・家族

愚者小路のライスワーク(仕事)

IT系の仕事をしています。
人生の右往左往があり、キャリアを望める立ち位置にいないため、低所得なりにたくましく生きていく手段として投資を活用しています。

愚者小路
愚者小路

低所得者の投資はマネープランなんかじゃない。
生き抜くためのサバイバルプランだっ!

・・・が私の持論。

愚者小路のライフワーク(趣味)

ランニング癖があり、週末はもっぱら走っています。

愚者小路
愚者小路

お金のかからない趣味って、素晴らしいね!

NAHAマラソンと東京マラソンでそれぞれフルマラソン完走経験はあり、最高タイムは4時間30分。
投資と一緒で自分のペースで走り続けることが大事かなと。

もう一つの趣味は今あなたがお読みの・・・そう、ブログ。
どれぐらい熱中しているかはあれこれ語るより他の記事を見ていただいた方がわかるでしょう。
当ブログの当面の目標はこんなところです。

◆自分の書きたいことをシンプルにまとめられるようにする。
◆検索エンジンからも流入を確保し、アクセス数を長期的に支えられるサイトに仕上げる。
◆広告収入で最低限サーバ代とドメイン代ぐらいは捻出できるようにする。

愚者小路の家族

2017年に結婚しました。
投資についてはきちんと説明したうえで了承いただいています。

と言ってもブログ上で妻の話が出てくることはないでしょう。
妻のプライバシーをブログの糧にする気は毛頭ありません。

メディア実績

心の底からありがたいもので、外部メディアのお仕事をいただけるようになりました。
お問い合わせいただける全ての方に厚く御礼申し上げます。

もしお仕事のご依頼などおありでしたら、問い合わせフォームよりお気軽にお問合せいただけたら幸いです。

2019年:外部メディアのお仕事

某金融機関のメディアに寄稿(3000文字前後×3記事)

守秘義務のためサイト名など詳細は伏せさせていただきます。
(愚者小路とも名乗っていない無記名記事です)
投資初心者向けに投資信託関連の記事を書かせていただきました。

Yen SPA! ’20 冬号(扶桑社様)に掲載

「自分年金で2000万円を目指せ! 攻める積み立て投信」という特集記事にてインデックス型個人投資家の戦略として愚者小路のポートフォリオや投資スタンスを取り上げていただきました。


お問い合わせ、ごあいさつ、お仕事のご依頼まで何でも御用がございましたら下記の問い合わせフォームまでお願い致します。

愚者小路
愚者小路

以上、プロフィールでした。
最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
愚者小路の400字