【公式回答あり】ロボアドバイザーTHEO「AIアシスト」機能でコロナショックを軽減できたのか?を400字で。

【公式回答あり】ロボアドバイザーTHEO「AIアシスト」機能でコロナショックを軽減できたのか?を400字で。 投資信託(ファンド)のリスク
この記事は約5分で読めます。
愚者小路
愚者小路

今日の400字はロボアドバイザーTHEOの「AIアシスト」機能の評価について。


AIアシストとは世界中のニュースをAIが解釈し、大幅下落の可能性が高いと判断したアセットクラスのウェイトを引き下げる機能です。
記憶に新しいコロナショックでそもそも機能したのか?
機能したとしたらどれぐらい損失回避に寄与したのか?
問い合わせてみました。

スポンサーリンク

「発動したけど定量評価はまだ」の回答をTHEOユーザーはどう評価する?

図・表・引用文・動画・ソースコード・改行コード・スペース・事後補足は字数に含めないであげてください。

400字、始め!

現在利用を検討中の者です。
検討判断の一つとして、AIアシストについての質問させていただきます。

AIアシストは閾値を超えた大きな下落を予測して事前に該当アセットクラスの比率を下げるというところまで理解致しました。
(認識違いなどありましたらご指摘くださいませ)

およそ半年前「コロナショック」と呼ばれる大きな暴落があったことは記憶に新しいかと存じます。
そのコロナショックによる暴落はAIアシストについてどれぐらい下落を回避/軽減できたのかお教えいただくことは可能でしょうか?

どこかにそういったレポートを公開なさっていたら、そのURLでも結構です。
AIアシストは一見魅力的な機能に思えましたが「実績」に言及していないため実力の程を掴み損ねており問い合わせさせていただいた次第です。

恐れ入りますがご回答いただけますよう、お願い申し上げます。

出典:THEOへの問い合わせメール

※「利用検討中」など多少の方便が混ざっていること、ご了承ください。

回答メール(THEO⇒愚者小路)

AIアシストにつきましては、投資対象の各銘柄もしくは資産クラスが一定期間後に閾値を超えて下落するかどうかを、Thomson Reuters MarketPsych Indices (TRMI)と市場データをインプットとして AI が判断する、という機能です。

下落すると判断した場合、ポートフォリオの最適化条件をより保守的にすることで、ポートフォリオの下方リスクを抑制することが期待されます。

市場内で高まる新型コロナウイルス拡大への懸念を受け、2020年2月末にAIアシストが発動しました
まだ定量的な計測には至っていないため、具体的な実績数字をお伝えできませんが、弊社AIアシスト発動に関する記事が掲載されていますのでよろしければご参考になさってください。

出典:THEOからの回答メール

※文中「AIアシスト発動に関する記事」として紹介いただいた記事は下記参照

以下、回答を踏まえた私の考察である。
記事によると2020年3月初にAIアシストからシグナルを受け取り、ポートフォリオを調整している。

お金のデザインが運営するロボアドバイザーサービス「THEO」では、市場の下落リスクを判断する「AIアシスト」が、導入から初めて危機を予測。
3月2日時点でポートフォリオを組み直した。

3月2日、シグナルが出たことを受けて、価格変動率(ボラティリティ)の高い銘柄の比率を下げ、低い銘柄の比率を上げるという調整を実施した。
具体的には、新興国ETFの比率を2%ほど下げ、米国株比率を上げた

出典:ITmediaビジネスオンライン「株価暴落をAIで対処 ロボアドTHEOのAIが初の下落感知」

暴落前に限界までキャッシュ比率を増やしコロナショックを回避したわけではなかったようだ。
新興国も米国株も無残に暴落したことを考えるとシグナルはベストタイミングだったがダメージ軽減には寄与できなかったのだ。

具体的な評価は案外難しそうだ。
もしAIアシストが実装されていなかったらどうなっていたか正確に推量できないからだ。

THEOのAIアシストを正当に比較評価するには
AIアシストの実装されていないTHEOが存在すれば比較評価もできただろうが、どうやら存在しなさそうだ の図

もしくは評価するにはまだサンプルが足りないのだろうか。
もしも同様の暴落があと数回必要となると数十年はかかるだろう。

記事ではバックテストにも触れているが、妥当性には疑問が残る。

同アルゴリズムのバックテストでは、リーマンショック時は2番めに強い(悪い)シグナルが出ている。

出典:ITmediaビジネスオンライン「株価暴落をAIで対処 ロボアドTHEOのAIが初の下落感知」
リーマンショック時のバックテスト
結果を知ってる開発者によりチューニングされている以上、リーマンショックのバックテストでシグナルなんて出て当然 の図(チャートはTradingViewより)
愚者小路
愚者小路

性質上、そもそもリーマンショックでシグナルが出るように作った可能性は否めないなぁ。

有用かどうかを現時点で評価できる材料に乏しいAIアシスト。
あなたはこの事実をどう評価するだろうか。

【次回予告】さーて、次回の愚者小路さんは

愚者小路
愚者小路

愚者小路です。


AIの話をもう一つ。
歴史を遡ると、「これが真に実現できたら世界が変わる」と期待されながらも結局実現しなかったテクノロジーがあります。
AI開発が今後同じ轍を踏みませんように・・・

ありがとうございます。

次回もまた見てくださいね。

次回のタイトル/内容は予告なく変更する場合があります。ご了承ください。
こちらランキング参加中です。
応援していただくとより多くの方にご覧いただけるし、投稿モチベーションも上がります。

↑いつもランキング向上にご協力ありがとうございます!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

・・・なんて機能はないけれど、本件と関連が深い記事です。
もう1ページ、いかがですか?

コメント