投資を続けるのがしんどいと思ったら『うまくやらなくちゃ』を投げ捨てよう。を400字で。

投資を続けるのがしんどいと思ったら『うまくやらなくちゃ』を投げ捨てよう。を400字で。 投資のやり方・続け方
この記事は約2分で読めます。
愚者小路
愚者小路

今日の400字は投資の熱意と悪い意味で相性のいい「うまくやらなくちゃの呪い」について。


うまくやろう、うまくやる事こそが投資なんだと思い込むと必要以上に色々なものをしょい込むハメになります。
そうでなくても投資は長旅なのだから、荷物の背負い過ぎには気を付けてください。

スポンサーリンク

目指すは「暇だから○○でもするか」と言える温度感

図・表・引用文・動画・ソースコード・改行コード・スペース・事後補足は字数に含めないであげてください。

400字、始め!

私は投資を長続きさせるのに何も特別な事などやってはいない。
マル秘情報を掴むとかタイミングよく暴落を避けるとか、十数年の投資経験で一度もやっていない。

強いて言えばずっと「のほほーん」としていただけだ。
うまくいってる時もいかない時も、のほほーんだ。

日々の相場変動に一喜一憂しなくなると、半ば必然的に「のほほーん」になていく
日々の相場変動に一喜一憂しなくなると、半ば必然的に「のほほーん」になていく の図(日経平均チャートはTradingViewより)

うまくやらなくちゃという強迫観念にかられると、勝ち続ける事こそ投資だと理想ばかりが尖っていきかねない。
下落で含み損を抱えるといった尖りきった理想に反する現実に直面すると、そのギャップに耐えられなくなってしまう。
結果起こるのはパニック売りからの「投資なんてやーめた」である。

投資に手をかけすぎると心情的にはそれに見合った理想を求めてしまう。
ほったらかしで続けていれば理想が尖っていく事もないし現実とのギャップに耐えられなくなる事もない。

長く続けるには「投資してても暇だし新しく○○でも始めるか」ぐらいの付き合いがちょうどいい。
私の場合、ブログがそれにあたる。

【次回予告】さーて、次回の愚者小路さんは

愚者小路
愚者小路

愚者小路です。


今日の記事を書いていて一つ私の黒歴史を思い出したので白状します。
現在の投資スタンスに落ち着く前はずいぶん割に合わない努力をしていたものです。

次回は「愚者小路の黒歴史。毎日録画してまで見ていたあのマーケット番組」です。

ありがとうございます。

次回もまた見てくださいね。

次回のタイトル/内容は予告なく変更する場合があります。ご了承ください。
こちらランキング参加中です。
応援していただくとより多くの方にご覧いただけるし、投稿モチベーションも上がります。

↑いつもランキング向上にご協力ありがとうございます!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

・・・なんて機能はないけれど、本件と関連が深い記事です。
もう1ページ、いかがですか?

愚者小路

当ブログ管理人であり、当記事の執筆者。
「ぐしゃのこうじ」と読みます。
2000年代半ばから投資を始め、かれこれ十数年。
インデックス投資をコツコツ実践している傍らで、2018/09より投資ブログを開設しました。

愚者小路をフォローする
投資のやり方・続け方
スポンサーリンク
愚者小路の400字

コメント