愚者小路の黒歴史。毎日録画してまで見ていたあのマーケット番組。を400字で。

愚者小路の黒歴史。毎日録画してまで見ていたあのマーケット番組。を400字で。 お金/投資の話あれこれ
この記事は約2分で読めます。
愚者小路
愚者小路

今日の400字は愚者小路がかつて見ていた番組について。


これは私がインデックスファンドを用いた国際分散投資を採用するよりずっと前の話。
ネット証券に口座開きたてで個別株をノリで売買しつつ、何か売買に活きる情報ないかなぁなどとこの番組を見ていたのです。

スポンサーリンク

毎日マーケット情報を見聞きしていると「せっかくだから」でアクションを起こしてしまう

図・表・引用文・動画・ソースコード・改行コード・スペース・事後補足は字数に含めないであげてください。

400字、始め!

かつてテレビ東京に「オープニングベル」「クロージングベル」というマーケット番組があった。
前場開始と後場終了すぐの時間に市況情報やアナリストによる市場分析、最近話題のテーマなどを市場が開いてる日は毎日放送していた。

私はそれらをビデオ録画までして、毎晩熱心に見続けていた。
当時は忙しく帰宅時間は24時近くだったというのに、遅すぎる夕食を取りながらこれらの番組を見るのがルーチンだったのだ。

日々情報をマメに集める事こそ投資だと思い込んでいたうえに「せっかくだから何か売買しなきゃ」とついつい動きまくっていた。
その結果は言うまでもないが。

個別株から投資信託に移行する過程で自然と見なくなっていったが、今冷静に考えるとあの番組を見続けてプラスになった事が一つもない。

あえて一つ挙げるとすれば
クロージングベルに出ていたレポーターの前田有花がジタバタしちゃうぐらい可愛かった
この事は私の妻には内緒でお願いしたい。

前田有花で検索
記事内では画像を提示しませんが、イメージ検索で未だに出てきます。いちばん若そうな画像がクロージングベル時代です の図

事後補足

ちなみに前田有花さんの妹は元テレビ朝日アナウンサーの前田有紀さん。
有花さんはアナウンサーの妹とは対照的に喋りがたどたどしくて見てるこっちが心配になるぐらいだったのだけれど、でもそれがすごく良かった!

まさか前田有花さんご本人も今さらこんな「思い出しジタバタ」をしてる奴がいるとは思いますまい。

【次回予告】さーて、次回の愚者小路さんは

愚者小路
愚者小路

愚者小路です。


もしも私が投資をしていなかったら・・・
関連リンクは記事内で提示するとして、非常に考えがいのあるお題だと思います。
投資していなかったらけっこう色んな事がマイナス方向に転がっていたような気がして仕方がないのです。

ありがとうございます。

次回もまた見てくださいね。

次回のタイトル/内容は予告なく変更する場合があります。ご了承ください。
こちらランキング参加中です。
応援していただくとより多くの方にご覧いただけるし、投稿モチベーションも上がります。

↑いつもランキング向上にご協力ありがとうございます!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

・・・なんて機能はないけれど、本件と関連が深い記事です。
もう1ページ、いかがですか?

コメント