【2020年9月】マネックス証券のNISA大幅リニューアル。手数が減って助かります。を400字で。

【2020年9月】マネックス証券のNISA大幅リニューアル。手数が減って助かります。を400字で。 インデックス投資
この記事は約3分で読めます。
愚者小路
愚者小路

今日の400字はマネックス証券のNISA機能が大幅リニューアルされた話。


今まで一般サイトにログインしてからNISA口座にログインし、資金を移し直すという「二重ログイン、二重入出金」をしなければならなかった点が改善されました。
ログインも、入出金も、残高確認も一元化され、少し便利になった印象です。

ちなみに本件のリニューアルで投信保有ポイントの見直しも行われたようですが、低コストインデックスファンドについては変更なしだったので特に触れません。
(引き続き年率0.03%でした)

スポンサーリンク

特定口座と同じ画面で買付できるようになり、毎日つみたてにも対応

図・表・引用文・動画・ソースコード・改行コード・スペース・事後補足は字数に含めないであげてください。

400字、始め!

保有口座・残高管理

つみたてNISA資産も残高に表示されるようになった
口座区分「一般」「つみたてNISA」が同じ画面で表示されるようになった。全体像が把握しやすいね の図(画像はマネックス証券の愚者小路の残高より)

特定口座資産だけでなくNISA口座資産も一緒に表示されるようになった。
別々の画面で表示されていたリニューアル前と比べ、全体像も把握しやすい。

買付

つみたてNISAとして買い付けるには「積立申込」にて「口座区分」を指定するようになった。
月額○万円を営業日で按分する形で毎日つみたても設定可能だ。

つみたてNISAでの買付は「積立申込」から
つみたてNISAは左側の「分配金再投資/受取」ではなく右側の「積立申込」から買い付けます の図(画像はマネックス証券より)
買付画面
つみたてNISAで選択できるのは「積立頻度:毎月」か「積立頻度:毎日 × 買付金額:月額指定」の2パターン の図(画像はマネックス証券より)

マネックスのアナウンスによると非課税枠を使い切る機能も実装されたようだが、私はもう今年の枠がないので試すのは来年となる。

毎日つみたてがNISA対応し、投信つみたてに非課税枠使い切り機能が追加

「毎日つみたて」がNISA・つみたてNISA(つみたてNISAは月額指定のみ)でもご利用いただけるようになります。
積立買付額よりも残り非課税投資枠が少ない場合に、残り非課税枠の金額で積立買付を発注する機能が加わります。

出典:マネックス証券「NISAリニューアルのお知らせ」

なお、リニューアル前に設定していた積立については「投信つみたて 申込状況一覧」にそのまま引き継がれている
本件で対応が必要になることはないが、正しく引き継がれたか確認しておきたいところ。

つみたて申込状況一覧
リニューアル前のつみたて申込は引き継がれているけど念のため、何か変わりはないか確認しておこう の図(画面はマネックス証券の愚者小路のつみたて申込より)

最近マネックス証券はNISA機能改善やオンラインセミナーの積極開催など、投資信託周りに力を入れ始めている。

【第4弾】積立投資を楽しく学ぶ!インデックス投資セミナー~コロナショックの今こそ始めたい!「つみたてNISA」に学ぶ長期投資を続ける極意~(2020年9月8日)

ひと昔前「投資信託と言えばマネックス」だった時代を取り戻せるか、今後に期待したい。

【次回予告】さーて、次回の愚者小路さんは

愚者小路
愚者小路

愚者小路です。


将来の不確実性、リスク。
仕事でも投資でも人生のあらゆる局面で我々はリスクにどう立ち向かうか選択を迫られています。
リスクマネジメントなんて言うと小難しく感じてしまいますが、実はとってもシンプルな話なのです。

ありがとうございます。

次回もまた見てくださいね。

次回のタイトル/内容は予告なく変更する場合があります。ご了承ください。
こちらランキング参加中です。
応援していただくとより多くの方にご覧いただけるし、投稿モチベーションも上がります。

↑いつもランキング向上にご協力ありがとうございます!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

・・・なんて機能はないけれど、本件と関連が深い記事です。
もう1ページ、いかがですか?

コメント