キラキラ☆テーマ型ファンドで大儲け!がなかなかうまくいかない理由。を400字で。

キラキラ☆テーマ型ファンドで大儲け!がなかなかうまくいかない理由。を400字で。 アクティブ投資
この記事は約2分で読めます。
愚者小路
愚者小路

今日の400字はテーマ型ファンドについて。


ベテラン勢でテーマ型ファンドを勧める人ってあまり見かけません。
時代の先行くキラキラ☆テーマが魅力的に思えてしまう方に、よくある現実をお伝えしてみます。
今後出てくるキラキラ☆テーマ型ファンドにもきっと当てはまってしまうでしょう。

スポンサーリンク

最先端のテーマだから儲かりそう?皆がそう思うから儲からないんだよ

図・表・引用文・動画・ソースコード・改行コード・スペース・事後補足は字数に含めないであげてください。

400字、始め!

理由1.ファンド設定された頃には過大評価の頂点に

魅力的なキラキラ☆テーマが見つかったところで即座にファンドを作れるわけでもない。
設定までのタイムラグが仇となり、そのテーマが最も過大評価されたタイミングでスタートしてしまうケースも少なくない。

対象テーマが皆の期待を良い意味で裏切る超上方修正でも見せない限り、次第に過大評価も醒めてしまうだろう。

理由2.参入競争からの価格競争で利益がスカスカに

このビジネスは金になりそうだとばかりに参入が相次ぐと待っているのは血で血を洗う低コスト競争だ。
結果としてそのテーマ自体は存続するし拡大もするがそんなに儲からないという悲しい末路もあり得る。
株価は今後得られる利益を現在価値に割り引いたものなので、株価が振るわなくなるのも当然だ。

以上の理由から、キラキラ☆テーマ型ファンドはそのキラキラゆえに儲けにくいのである。
将来性に期待して一か八か勝負するにしたって分が悪い。

歴代トレンドグルメ変遷
歴代トレンドグルメ変遷。このブームを冷めた目で見られる人はトレンドテーマ型ファンドにも心を奪われはしないはず の図

【次回予告】さーて、次回の愚者小路さんは

愚者小路
愚者小路

愚者小路です。


最近なぜだかS&P500のインデックスファンドと全世界株式のインデックスファンドを半々で持つケースを目にする事が増えてきました。
たぶんどっちも良いと言われたからで両方持ってるんでしょうけど両者の分散効果はお察しレベルだよね・・・

ありがとうございます。

次回もまた見てくださいね。

次回のタイトル/内容は予告なく変更する場合があります。ご了承ください。
こちらランキング参加中です。
応援していただくとより多くの方にご覧いただけるし、投稿モチベーションも上がります。

↑いつもランキング向上にご協力ありがとうございます!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

・・・なんて機能はないけれど、本件と関連が深い記事です。
もう1ページ、いかがですか?

コメント