あなたは『投資の時給』を考えた事がありますか?を400字で。

あなたは『投資の時給』を考えた事がありますか?を400字で。 投資のやり方・続け方
この記事は約2分で読めます。
愚者小路
愚者小路

今日の400字は「投資の時給」について。


一般的に投資のパフォーマンスは年○%という形で評価される事が多いです。
でもそれ以外にもパフォーマンス評価の切り口はいくらでもあります。
今回解説するのはその切り口の一つ。

スポンサーリンク

投資に費やす時間が少ないほど「時給」は上がる

図・表・引用文・動画・ソースコード・改行コード・スペース・事後補足は字数に含めないであげてください。

400字、始め!

仕事では費やした時間に対し成果がどれぐらい得られたかで評価されやすい。
この切り口で個人の資産運用を評価してみよう。

たとえば投資を始めたばかりで年3万程度しかリターンがなくても気に病む必要はない。
投資に費やす時間が年間3時間程度であれば、今年の資産運用は時給1万円だったと計算できる。
時給で評価すればずいぶん割がいいと思えないだろうか。

投資の時給を考える
投資に費やす時間が最小限で済めば運用リターンが多くなくても十分に「割の合う作業」だと言えるでしょう の図

ちなみに年間3時間(月15分)という例は私が運用に割いている時間だ。

逆に年間100時間ぐらいかけてしまうと時給は300円まで落ちてしまう。
あまり多くのリターンを望めない元本の運用に多くの時間を費やすのは端的に言ってムダなのだ。
こう考えると手間を最小限にする努力にも合理性が出てくる。

あなたは年間に運用に費やす時間を大体把握されているだろうか。
もしtwitterなどやっていれば「私の運用時給は○万円です」とでもつぶやいてみたら、そこから膨らむ会話もあるかも知れない。

事後補足

私はブログのネタ集めのためにはかなり時間を費やしています。
ただそれは現在進行形の私の資産運用に何か判断材料を与えるものでもなく、完全にブログ向けの取材活動として完結しているものです。
よって投資の時間には含めていません。
(別にこの情報収集やめたところで投資方針変わったりしないのですよ)

【次回予告】さーて、次回の愚者小路さんは

愚者小路
愚者小路

愚者小路です。


専業主婦に不動産投資を勧める記事を発見。
専業主婦という事は無職(広義ではパート含む場合あり)なのにローンなんて組めるのかな?
なんて考えながら読んでいたらしれっと恐ろしい事が書いてありました。

ありがとうございます。

次回もまた見てくださいね。

次回のタイトル/内容は予告なく変更する場合があります。ご了承ください。
こちらランキング参加中です。
応援していただくとより多くの方にご覧いただけるし、投稿モチベーションも上がります。

↑いつもランキング向上にご協力ありがとうございます!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

・・・なんて機能はないけれど、本件と関連が深い記事です。
もう1ページ、いかがですか?

コメント