1人いたらあと7人いると思え!?個人投資家はサイレントマジョリティ。を400字で。

1人いたらあと7人いると思え!?個人投資家はサイレントマジョリティ。を400字で。 投資の話がしにくい世の中
この記事は約3分で読めます。
愚者小路
愚者小路

今日の400字は皆投資していることをあまりオープンにしないけど、実は相当量いるんじゃないかという疑念について。


投資をしていることを周りに打ち明けるかどうかを調査したアンケート結果を見つけたので、それを基にイメージ膨らませてみます。
(リンクは下記)
あなたの職場で「オレ投資やっててさぁ」とフランクに話す人がいたら、ぜひ思い出してください。

スポンサーリンク

投資していることを職場や趣味の仲間に話す人が12%

図・表・引用文・動画・ソースコード・改行コード・スペース・事後補足は字数に含めないであげてください。

400字、始め!

マネービバの調査結果
「資産運用をしていることを周りの人は知っていますか?」の問いに「職場や趣味の仲間も知っている」と答えた人は12%だった の図(グラフはマネービバ「資産運用、家族に内緒にしてる?」より)

マネービバ調べでは投資をやっている人のうち、職場や趣味の現場で投資をオープンにしている人は12%。
およそ8人に1人がフランクに(はたまたポロッと)投資の話を周りにしている。

たとえばあなたが普段職場でプライベートレベルの雑談までフランクにできる人は何人いるだろうか?

私は10人ぐらい。
この答えによって、先の調査結果の解釈も変わってくるだろう。

その10人のうち1人が投資の話をしていたら、その中に物言わぬ投資家があと7人いることになる。
雑な計算なのは承知のうえだが、圧倒的過半数ではないだろうか。

職場で投資の話をする

他の人は黙って投資している

だとしたら投資の話をフランクに振る側の人は注意が必要だ。
「へぇ、投資とかよく分かんないけどすごいんだねぇ」なんてもっともらしく合いの手を入れる相手ですら

実は相手も黙って投資やってる人かも

実は投資をしているうえ、話を振った人より格段に知識も経験も豊富な可能性が十分にある。
ちなみに私も知らないそぶりで合いの手入れる側に回ったことが過去数回ある。

【次回予告】さーて、次回の愚者小路さんは

愚者小路
愚者小路

愚者小路です。


投資について職場や知人など、他人に話す必要はあるかないかで言えばありません。
一方、既婚者あるいはこれから結婚を考えている人はパートナーにだけはきちんと話しておかないと後で面倒事になります。
しかしきちんと話したことでかえって面倒事に陥るケースもあるようで・・・

ありがとうございます。

次回もまた見てくださいね。

次回のタイトル/内容は予告なく変更する場合があります。ご了承ください。
こちらランキング参加中です。
応援していただくとより多くの方にご覧いただけるし、投稿モチベーションも上がります。

↑いつもランキング向上にご協力ありがとうございます!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

・・・なんて機能はないけれど、本件と関連が深い記事です。
もう1ページ、いかがですか?

愚者小路

当ブログ管理人であり、当記事の執筆者。
「ぐしゃのこうじ」と読みます。
2000年代半ばから投資を始め、かれこれ十数年。
インデックス投資をコツコツ実践している傍らで、2018/09より投資ブログを開設しました。

愚者小路をフォローする
投資の話がしにくい世の中
スポンサーリンク
愚者小路の400字

コメント