利食い千人力とは言うけれど、利益確定って何も確定していない説。を400字で。

利食い千人力とは言うけれど、利益確定って何も確定していない説。を400字で。 投資のスタンス・立ち位置を考える
この記事は約2分で読めます。

今回は「利益確定」について考えてみます。

 

利益確定のやり方とか、そういう話ではありません。

利益確定は明らかなトレード用語なので長期投資家の私には少し奇異な概念ではあります。

不確定な事だらけの市場に、どの程度の「確定」があるんだろう?

その利益はいつ確定するのか、考えてみよう

図・表・引用文・動画・ソースコード・改行コード・スペース・事後補足は字数に含めないであげてください。

400字、始め!

私は10万円で株式を購入し、11万円で利益確定の売却をしたとする。

やった!1万円の儲けが確定だ!

ではない。
利益も含め11万円、すぐに次の売買に投じるはずだから。
結果次第ではさっき「確定」したはずの1万円すら吹き飛ぶ

そう、1万円はまだ「未確定」なのだ。
短期売買でマメに利益確定をするのは堅実と言えるのか、トレード志向のない私には判断が難しい。

リスクと荷物

頻繁に利益確定するというのは荷物(リスク)を頻繁に降ろしたり背負ったりするのと同じじゃないだろうか の図

短期長期問わず相場と対峙する間、その途中では結果は何も確定しないという事は肝に銘じておきたい。

利益確定という言葉には何かが省略されているのかもね。

必要以上に言葉を深読みしてみよう。

 

課金する⇒課金アイテムを購入する
のように
利益確定⇒刹那的な利益を受け取り、次の売買への投入を確定させる

だとしたら意味は通る。

対して長期投資ではいつ売却するか?

最後に私が想定しうる売却の場面をまとめてみた。
「〇%上がったら」なんて考えないのは私がインデックス投資家だからだろうか。

売却する理由/条件解説
お金が必要になった時すでにこのケースは数回発生している。
額が小さかっただけなのかも知れないが損益はあまり気にしなかった。
リバランスの一環でこの場面が最も多いが、年に1回発生するかどうか
高きを売って安きを買うのだが、利益確定という概念ではない。
ポートフォリオを変更する時諸事情でリスク許容度が変わることもあるので、その際にリバランスのように売買が発生する。
その時々の市況や気分でコロコロ変えるのはナンセンスだと思う。

【次回予告】さーて、次回の愚者小路さんは

愚者小路です。

最近お気に入りの書籍についてご紹介させていただきます。

かつて紹介したあるWeb連載が書籍化されたものです。

何度も何度も何度も読み返した、渾身の紹介記事です。

ありがとうございます。

次回もまた見てくださいね。

次回のタイトル/内容は予告なく変更する場合があります。ご了承ください。
こちらランキング参加中です。
応援していただくとより多くの方にご覧いただけるし、投稿モチベーションも上がります。

↑いつもランキング向上にご協力ありがとうございます!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

・・・なんて機能はないけれど、本件と関連が深い記事です。
もう1ページ、いかがですか?

コメント