意外とあった全世界債券ファンド。債券冬の時代に絶賛苦戦中!を400字で。

意外とあった全世界債券ファンド。債券冬の時代に絶賛苦戦中!を400字で。 インデックス投資
この記事は約3分で読めます。
愚者小路
愚者小路

今日の400字は全世界債券ファンドについて。


正直に白状すると、国内ファンドではまだ存在しないと思っていました。
2019年から既に設定されており、ネット証券大手ならどこでも購入可能です。


ファンドの概要と現在の苦戦状況を一緒に覚えていきましょう。

スポンサーリンク

金利が十分に高くなるその日まで記憶に留めておくもよし

図・表・引用文・動画・ソースコード・改行コード・スペース・事後補足は字数に含めないであげてください。

400字、始め!

楽天・全世界債券インデックス(為替ヘッジ)ファンドはブルームバーグ・グローバル総合浮動調整インデックス(円ヘッジベース)に連動するファンド。
ブルームバーグがこんな指数を作っていたとは知らなかった。
下図から分かるように、実体はバンガードだ。

全世界債券ファンドの実体はバンガード
楽天・全世界債券インデックス(為替ヘッジ)ファンドの実体はバンガード・グローバル・ボンド・インデックス・ファンド。今回登場するファンドや指数はどれも名前長いな!の図(画像は楽天・全世界債券インデックス(為替ヘッジ)ファンドの目論見書より)

月次レポートを読み進めると内訳やリスクの程度がよく分かる。

  • 格付けBBB以上が対象
  • 4割強を米国が占める
  • 平均クーポン2.1%(この利率程度のリスクと解釈した)
国別の資産配分やクーポンの利率など
国別の資産配分やクーポンの利率などは月次レポートに詳細が書かれている の図(画像は楽天・全世界債券インデックス(為替ヘッジ)ファンドの月次レポート2022年3月版より)

世界中が低金利下にあった2019年に設定されたが債券冬の時代に全く注目されず、2022/04時点で純資産総額は4億程度と心もとない。
生まれる時代を間違えたのか、来たるべき高金利時代を見据えて作っておいたかは分からない。

絶賛苦戦中のこのファンドも米国の利上げが進んで高金利時代に突入すれば存在意義も大きく変わってくるだろう。
真価を発揮できるその日まで記憶に留めておきたいし、何より償還されずにいてほしいものだ。

【次回予告】さーて、次回の愚者小路さんは

愚者小路
愚者小路

愚者小路です。


金融庁の共通KPI(2021年版)が発表されていました。
2021/03時点の集計結果なので今まで見た事ないぐらい威勢のいい結果が出ています。
誰が何を保有しても儲かるような相場でしたからねぇ・・・

次回は「【2021年】儲かるのは当たり前?金融庁発表、共通KPIがどえらい事になっていた」です。

ありがとうございます。

次回もまた見てくださいね。

次回のタイトル/内容は予告なく変更する場合があります。ご了承ください。
こちらランキング参加中です。
応援していただくとより多くの方にご覧いただけるし、投稿モチベーションも上がります。

↑いつもランキング向上にご協力ありがとうございます!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

・・・なんて機能はないけれど、本件と関連が深い記事です。
もう1ページ、いかがですか?

コメント