投資信託初心者に表面上の答えを与えても不安は消えない?(検索意図を探れ 第3回)を400字で。

検索意図に思いをはせろ!Google好みのブログになりたい【第3回】を400字で。 【連載】SEOと検索意図を探る
この記事は約3分で読めます。

連載記事「検索意図に思いをはせろ!Google好みのブログになりたい」の第3回です。

 

今日の400字はSEO対策の第3回。
投資初心者の不安を解消するブログを作ろうと決めたはいいが、どうやって不安を解消したらいいのか?
投資初心者に向け、自分に向け、再考してみます。

スポンサーリンク

何を買ったらいいですか?いつ買ったらいいですか?いつ売ったらいいですか?を答えても初心者の不安は消えない

図・表・引用文・動画・ソースコード・改行コード・スペース・事後補足は字数に含めないであげてください。

400字、始め!

一言で表せば投資判断を仰ぐ質問である。

yahoo知恵袋などを見ていても、この手の質問は後を絶たない。

yahoo知恵袋

初心者らしき人がyahoo知恵袋で質問を書き込むも、大して解決してないんだろうなぁ の図(yahoo知恵袋から質問者名を消して引用)

しかし質問者は寄せられた回答を見て不安は消えただろうか?

質問者はこの後、下図のような無限ループに迷い込んでしまっているのではないだろうか。

わからないループ展開中

得体の知れない「投資」に対しなんとなくで質問しても、得られた答えが正しいか分からないもんだから、こういう堂々巡りになりがち。「人の畏怖は堂々巡り」とはうまく言ったもんだ の図

初心者が疑問を抱くたびにこの無限ループに陥っていては、そのうち投資そのものに嫌気がさしてしまう可能性が高い。

そうならないためには「自分で判断できない状況」そのものを解決する必要がある。

当ブログで判断に必要な基礎知識を与えられれば、検索ユーザーの検索意図を汲み取ったことになるのではないだろうか。

例えば話題に挙がってるファンドに対し「皆がどう評価してるか」と他人に軸を置くのではなく「自分にとって必要なファンドか」と自分に軸を置けるようになれば、初心者は脱したと言っても良いはずだ。

初心者も本当は自力で判断できるようになりたいはず。
他人任せからの脱却を応援しよう!

スポンサーリンク

【次回予告】さーて、次回の愚者小路さんは

愚者小路です。
次はドルコスト平均法について語らせていただきます。
やれ万能だのペテンだの言われていますが、そもそもソコまで大それたもんじゃないんですから・・・

ありがとうございます。

次回もまた見てくださいね。

次回のタイトル/内容は予告なく変更する場合があります。ご了承ください。
こちらランキング参加中です。
応援していただくとより多くの方にご覧いただけるし、投稿モチベーションも上がります。

↑いつもランキング向上にご協力ありがとうございます!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

・・・なんて機能はないけれど、本件と関連が深い記事です。
もう1ページ、いかがですか?

投信ブログ検索でひふみ投信と女性関連ワードが上位表示されやすいワケ(検索意図を探れ 第2回)を400字で。
google検索で上位表示されやすくなるにはどうしたら良いか?を考える定期企画。「ひふみ投信」「女性・主婦・OL」などのワードが強力な理由を考察しました。一般的なSEOではなく、投信ブログというジャンルにきっちりハメ込んで検索意図を考えないと、誰のためにもならないと思っています。

コメント