共起語ってホントに検索順位向上に役立つの?『投資信託』の共起語に驚き!を400字で。

共起語ってホントに検索順位向上に役立つの?『投資信託』の共起語に驚き!を400字で。 【連載】SEOと検索意図を探る
この記事は約3分で読めます。

今日の400字は「検索意図を探れ 第7回」。

引き続きgoogleのSEO対策の記録です。

 

googleに高く評価されるには共起語を盛り込むと良い、という情報を真に受けて「投資信託」の共起語を調べてみました。

結果があまりにもどうかしていたので、皆様にも「なんじゃこりゃ感」のおすそ分けをさせていただきます。

スポンサーリンク

とても共起しているとは思えない「投資信託」の共起語

図・表・引用文・動画・ソースコード・改行コード・スペース・事後補足は字数に含めないであげてください。

400字、始め!

共起語とは、ある特定の語句と合わせて同時に頻出する語句(単語)のことを指します。

例えば、「SEO対策」という語句があれば、その語句の共起語には「キーワード」や「サイト」、「コンテンツ」などがあります。
もう少し言うと、「SEO対策」という語句を使った文章を書くときに、「キーワード」や「サイト」、「コンテンツ」などが文中で一緒に使われやすい語句であり、その一緒に使われやすい語句が共起語となります。

出典:SEOラボ「共起語を使ったSEO対策の方法について」

共起語の定義は上記の通り。
共起語を自然に含めた文章はgoogleに高評価されやすいらしい。

「投資信託」の共起語を意識して検索上位を狙うべく共起語分析ツールで調べてみた。

下図は2019/06/10時点「投資信託」の共起語分析結果である。

共起語分析結果に安藤証券が。

「投資信託」の共起語分析結果に大きく「安藤証券」とある。初めて聞く名前だけど皆様ご存じ?の図(画面は共起語分析ツールより)

まず目に付いたのは安藤証券
ネット証券や大手証券でもなく、愛知県のお世辞にも有名とは言えない証券会社だ。

投資信託の品ぞろえを見ると「どうしてこうなった」以外の言葉が出てこない。
とてもじゃないが投資信託の話題に頻出するとは思えない。

私を愕然とさせたのは他のワードだ。
よくご覧いただきたい。

共起語分析結果に愚者小路

「投資信託」の共起語分析結果になぜか「愚者小路」が。の図(画面は共起語分析ツールより)

愚者小路って・・・私じゃないか!

もはや意味不明。
分析ツールも日によって結果が異なるし、私は「とりあえず共起語については気にしないでおこう」という結論に至った。

とはいえ皆様が投資信託の話題を投稿・ツイートする際は、それとなく「愚者小路」を文中に入れていただければとちゃっかり願おう。

スポンサーリンク

【次回予告】さーて、次回の愚者小路さんは

愚者小路です。

例の年金だけじゃ2000万ほど足りない問題が話題になっていますね。

その問題自体は他サイトや他ブログに譲るとして、人生100年時代が本当に到来するかはいささか疑問です。

ありがとうございます。

次回もまた見てくださいね。

次回のタイトル/内容は予告なく変更する場合があります。ご了承ください。
こちらランキング参加中です。
応援していただくとより多くの方にご覧いただけるし、投稿モチベーションも上がります。

↑いつもランキング向上にご協力ありがとうございます!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

・・・なんて機能はないけれど、本件と関連が深い記事です。
もう1ページ、いかがですか?

コメント