投信ブログ検索でひふみ投信と女性関連ワードが上位表示されやすいワケ(検索意図を探れ 第2回)を400字で。

検索意図に思いをはせろ!Google好みのブログになりたい【第2回】 【連載】SEOと検索意図を探る
この記事は約3分で読めます。

連載記事「検索意図に思いをはせろ!Google好みのブログになりたい」の第2回です。

 

今日の400字は前回に引き続きSEOについて。

前回、「投資信託 ブログ」の検索結果から色んな「気づき」を列挙してみました。
それらを踏まえ、google(ひいては検索ユーザ)が上記ワードで何を求めているのか考察します。

スポンサーリンク

言い知れぬ不安を抱える投資家は「皆」を見て安心しようとするのか・・・?

図・表・引用文・動画・ソースコード・改行コード・スペース・事後補足は字数に含めないであげてください。

400字、始め!

google検索 ひふみ投信

前回の気づき1.ひふみ投信の1ページ目含有率の高さ

関連検索ワード

前回の気づき2.女性関連ワードが強いようだ の図

前回の気づきのうち、「ひふみ」関連と「女性・主婦・OL」関連から自分的に納得できる仮説を導いてみた。

仮説1
ひふみ投信人気で飛びついた人達が、値動きに対する不安から情報を集めようとしている。
だからひふみ投信関連の記事は検索ユーザのニーズにマッチし、上位表示されやすくなる。

特に2018年からの値動きは、この層には大変な不安の種であろう。

ひふみ投信値動きに対する不安

値動きに対する不安は尽きない。自分に判断基準がなきゃなおさらに。 の図(背景のチャートはマネックス証券の同商品より)

yahoo知恵袋のひふみ投信関連質問

yahoo知恵袋でも頻出するひふみ投信に対する不安 の図(一部投稿者名を伏せたうえ、yahoo知恵袋より引用)

仮説2
女性(全員とは言わないが)は男性と比べコミュニティ意識が強く、「皆」が気になる傾向にある。
だから似たような発信者のブログが検索ユーザのニーズにマッチし、上位表示されやすくなる。
「皆」を気にするココロ

「皆」を気にするココロの奥底には不安が堆積しているのかも。 の図

上記仮説通りであれば、一定数のユーザが自らの抱える不安を解消するために検索をしている可能性が高い。
他人のポジションや意見を見て安心できるかはさておき。

だとすれば必要なのは不安を抱える投信ビギナーに何かしら安心を与える記事だ。
そこにgoogle好みのブログになる一つの方法がありそうだ。

スポンサーリンク

【次回予告】さーて、次回の愚者小路さんは

愚者小路です。
次回は突然投資から離れた話題を備忘録として記します。
狙っちゃいないけど、案外こういうニッチな情報もgoogleに好かれたりしてね。

ありがとうございます。

次回もまた見てくださいね。

次回のタイトル/内容は予告なく変更する場合があります。ご了承ください。
こちらランキング参加中です。
応援していただくとより多くの方にご覧いただけるし、投稿モチベーションも上がります。

↑いつもランキング向上にご協力ありがとうございます!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

・・・なんて機能はないけれど、本件と関連が深い記事です。
もう1ページ、いかがですか?

「投資信託 ブログ」検索結果から上位表示ページの共通点を探せないか?(検索意図を探れ 第1回)を400字で。
google検索で上位表示されるブログには何か秘密があるはず・・・。googleやその利用者はブログ検索時に何を求めているのか、そこさえ分かればもう少しgoogleにモテやすくなるはず。愚者小路、自問自答の思考訓練。今はまだ記事数も少ないけど、ここから検索意図を探ることができればブログの将来は明るくなるに違いない。
投資信託初心者に表面上の答えを与えても不安は消えない?(検索意図を探れ 第3回)を400字で。
検索意図を考えるシリーズ第3回。投資信託(ファンド)初心者がyahoo知恵袋で「何を買えばいい?」「今は買い?売り?」など投資判断を仰ぐ質問をするのはよくある光景。しかしその場限りの答えをもらって本当に安心できるのでしょうか。本当に必要なのは自分で判断するための軸を持つこと。投信ブログが伝えるべき事もそこにあるはず。

コメント