【新NISA】曲解多発!非課税保有期間「無期限」は「永久」ではない。を400字で。

【新NISA】曲解多発!非課税保有期間「無期限」は「永久」ではない。を400字で。 節税口座(NISA/iDeCo/企業型DC)
この記事は約3分で読めます。
愚者小路
愚者小路

今日の400字は新NISAの非課税保有期間について。


SNSどころか色んなメディアでも「NISA制度が恒久化されるぞ!」と喜びをあらわにした記事が見られます。
超ざっくり解釈すればそうなのかも知れないけど、ちょっとだけ、そうちょっとだけ冷静に解釈しましょう。
急ごしらえでビルドした新制度。ともすれば同じぐらいのスピードでたたむ事も出来るのでは?

スポンサーリンク

「無期限」と「恒久」がなぜ使い分けられているか?

図・表・引用文・動画・ソースコード・改行コード・スペース・事後補足は字数に含めないであげてください。

400字、始め!

一次情報として金融庁の新NISA制度図解を示す。

2024年スタートの新NISA制度の図解
新NISA制度の図解(図は金融庁「新しいNISA」より)

非課税保有期間は「無期限化」とある。
一方口座開設期間は「恒久化」とある。
両者が明確に使い分けられているのだ。

まず恒久は永久と同じ意味と解釈して良いだろう。

goo辞書の解説

こう‐きゅう〔‐キウ〕【恒久】 の解説
ある状態が永く変わらないこと。永久。「―の平和」

出典:goo辞書「恒久」

だが無期限はあくまで特定の期限を切っていないだけ。
無期限のファンドが永久に運用が続くわけでないのと同じである。

突然「非課税保有期間は○年で打ち切り」と決まる可能性もある。
どうせどこかで打ち切られれば新規にNISA口座を開設する人もいなくなるので、口座開設期間は恒久で問題なかろう。
この図解や金融庁の公式情報をどれだけ読んでも、NISA制度そのものが恒久化されるとは一言も言っていないのだ。

嬉しい気持ちはよく分かるし私も嬉しい。
だがあまりに飛躍の過ぎた受け止め方は曲解以外の何物でもない。
特に情報を発信する立場の人は喜びのあまり口を滑らせないようにしてほしいものだ。
もう滑らせた後かも知れないけども。

【次回予告】さーて、次回の愚者小路さんは

愚者小路
愚者小路

愚者小路です。


youtubeなどの動画情報やブログなどの文字情報どちらに限った話でもなく、投資関連の情報収集には一つ大事なセオリーがあります。
「発信者の熱量や鼻息の荒さをきちんと差し引く」
この大事な大事なセオリーを実例から学んでみましょう。

ありがとうございます。

次回もまた見てくださいね。

次回のタイトル/内容は予告なく変更する場合があります。ご了承ください。
YouTube「愚者小路の投信クエスト」も配信中。
愚者小路の投信クエスト
こちらランキング参加中です。
応援していただくとより多くの方にご覧いただけるし、投稿モチベーションも上がります。

↑いつもランキング向上にご協力ありがとうございます!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

・・・なんて機能はないけれど、本件と関連が深い記事です。
もう1ページ、いかがですか?

当ブログ管理人であり、当記事の執筆者。
「ぐしゃのこうじ」と読みます。
2000年代半ばから投資を始め、かれこれ十数年。
インデックス投資をコツコツ実践している傍らで、2018/09より投資ブログを開設しました。

愚者小路をフォローする
節税口座(NISA/iDeCo/企業型DC)
スポンサーリンク
愚者小路の400字

コメント