ポートフォリオ運用のお供に。主要インデックスファンド同士の相関係数を求めよう(2014~2023年版)を400字で。

ポートフォリオ運用のお供に。主要インデックスファンド同士の相関係数を求めよう(2014~2023年版)を400字で。 【連載】愚者小路の定点観察
この記事は約3分で読めます。
愚者小路
愚者小路

今日の400字は主要アセットクラスのインデックスファンド同士の相関係数について。


2014年1月~2023年12月の10年間で計算したデータです。
早めの公開が良いだろうと思い、イレギュラーに記事を差し込みました。


ウエルスアドバイザーが公開している月次リターンデータから算出しています。
算出には以前作成した相関係数算出シートを(少し拡張して)用いています。
詳細は下記リンクをご参照ください。

スポンサーリンク

先進国株式⇔新興国株式の相関係数低下傾向に注目

図・表・引用文・動画・ソースコード・改行コード・スペース・事後補足は字数に含めないであげてください。

400字、始め!

さっそく愚者小路算出による主要アセットクラス同士の相関係数を図示する。
厳密には各アセットクラス指数に連動するインデックスファンド同士の相関係数である。

2014~2023年の各インデックスファンド相関係数
アセットクラス指数連動インデックスファンドごとの相関係数(2014~2023年)

各アセットクラスはウエルスアドバイザーから取得した下記ファンドの月次リターンから算出している。
算出期間を10年としているため、運用開始から10年以上経っている無印eMAXISを基準ファンドとした。

相関係数算出対象ファンド
国内株式eMAXIS TOPIXインデックス
国内債券eMAXIS 国内債券インデックス
国内REITeMAXIS 国内リートインデックス
先進国株式eMAXIS 先進国株式インデックス
先進国債券eMAXIS 先進国債券インデックス
先進国REITeMAXIS 先進国リートインデックス
新興国株式eMAXIS 新興国株式インデックス
新興国債券eMAXIS 新興国債券インデックス

比較として昨年2022年データも併記する。
全く同一なレイアウトでややこしいので画像をグレーにしている。

2013~2022年の各インデックスファンド相関係数
アセットクラス指数連動インデックスファンドごとの相関係数(2013~2022年)

毎年算出している私だから気が付く点がある。
先進国株式と新興国株式の相関係数が毎年低下しているのだ。

先進国株式と新興国株式の相関係数推移
先進国株式と新興国株式の相関係数推移 の図

ポートフォリオ運用として論ずるのであれば相関係数の低下は歓迎だ。
新興国株式は何かとオワコン呼ばわりされて久しいが、私としてはそれで結構。
気がかりはインドブーム。空振りで終わっても私は構わない。
「これからはインドだ!」なんて十数年前から言われ続けているし。

今回の算出結果は手製のExcelシートではじき出した。
(キモの部分はCORREL関数で求めている)
そのため計算方法に問題がないか疑問を抱く方もいることだろう。

かつて三菱UFJ国際投信が算出した相関係数データがあった。
今はもう消えてしまったがどこかのキャッシュに残ってる可能性もあるので元のURLだけは提示しておく。

算出期間は2010/10~2015/07。
これと同じ期間で相関係数を出し、比較した結果が下図だ。

【答え合わせ用】2010/10~2015/07アセットクラス指数連動インデックスファンドごとの相関係数
【答え合わせ用】2010/10~2015/07アセットクラス指数連動インデックスファンドごとの相関係数
(愚者小路算出結果)
三菱UFJ国際投信の相関係数算出結果
【答え合わせ用】2010/10~2015/07三菱UFJ国際投信の相関係数計算結果。全世界株式と新興国REITは比較対象から外しました の図(画像は三菱UFJ国際投信「(参考)各ファンドの相関係数」より)

桁数の違いがわずかに出ているが一致しているため、私の算出方法に問題ないと判断のうえ公開に至る。
私から提示できる、せめてもの正確性の根拠である。


ありがとうございます。

次回もまた見てくださいね。

次回のタイトル/内容は予告なく変更する場合があります。ご了承ください。
YouTube「愚者小路の投信クエスト」も配信中。
愚者小路の投信クエスト
こちらランキング参加中です。
応援していただくとより多くの方にご覧いただけるし、投稿モチベーションも上がります。

↑いつもランキング向上にご協力ありがとうございます!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

・・・なんて機能はないけれど、本件と関連が深い記事です。
もう1ページ、いかがですか?

コメント