ネット証券

販売会社(証券会社、銀行)について

投資信託ユーザーから見てマネックス証券ってこんなところ。本音の評価教えちゃいます。を400字で。

マネックス証券を使い続けて14年経ちました。当初は投資信託に強みを持っていたのですが、現在はSBI証券や楽天証券と比べて投資信託取扱本数も少なく、先頭グループの2社と比べて距離を空けられた印象があります。しかし低コストインデックスファンドのラインナップにはほとんど変わりがないため、インデックス投資には事欠かないです。
投資のやり方・続け方

内藤忍氏がマネクリで連載開始。『お金から自由になる方法』の今後に期待!を400字で。

内藤忍氏がマネックス証券のオウンドメディア「マネクリ」にて『お金から自由になる方法』という連載を開始されました。市況や見通しといった近視眼的な記事が多いマネクリにおいて内藤氏が志すような長期投資に関する記事は異質な印象を受けます。しかしマネクリのカラーを覆すキラーコンテンツになってほしいものです。
販売会社(証券会社、銀行)について

誰でもできる!NPS(ネット・プロモーター・スコア)を通じて証券会社に物申す方法。を400字で。

NPS(ネット・プロモーター・スコア)を簡単に説明すると、いわゆるアンチがどれだけ多いかの指標なのですが、数多くの業種の中で対面式の証券会社が特にひどいのです。NPSは主にアンケートサイトで集計されているため、アンケートモニターに登録すれば微力ながらもNPSを通して証券会社に物申すことができるというわけです。
【連載】初心者卒業計画

投資信託のコストを徹底解説。手数料の種類と目安を覚えよう

投資信託のコストは購入時手数料、信託報酬、信託財産留保分と3種類あります。このコスト、決して軽んじてはいけません。コストはあなたの投資のリターンを大きく左右します。当記事では各コストの意味や目安、銀行とネット証券でのコスト比較など詳細な情報をご用意して分かりやすく解説します。ファンド選びに役立てていただけると幸いです。
スポンサーリンク