【連載】SEOと検索意図を探る

痛感!bingとgoogleの検索ロジックはタイトルの評価方法がこんなに違う(検索意図を探れ 第6回)。を400字で。

bingとgoogle、同じ検索エンジンでもそのロジックは大きく異なります。検索ワードと全く同じの「そのものズバリ」なタイトルを付けたところ、bingではあっさり表示順位1位を勝ち取ったのにも関わらず、googleでは表示順位が下落。bingでは「そのものズバリ」なタイトルがあれば優先表示してくれるみたいですね。
【連載】珍称ファンド巡礼ツアー

『愛称:健次』グローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンドの気になる評価は?(珍称ファンド巡礼ツアー)を400字で。

『愛称:健次』グローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンドについて、商品詳細をまとめたうえで設定来リターンや直近のリターンについて評価しています。資金流出が続くここ3年では大変な苦戦を強いられており、資金流出とバリュー投資の相性の悪さが浮き彫りになっているのがよく分かります。皆様の評価はぜひ格付けフォームにお願いします。
【連載】珍称ファンド巡礼ツアー

【補足】珍称タイプは全4種類。珍奇な愛称には命名パターンがあるのです。(珍称ファンド巡礼ツアー)

様々な珍称ファンドを取り上げるにあたり、命名パターンをまとめました。珍奇な愛称は「擬人型」「大風呂敷型」「ダジャレ型」「意味不明型」の4種類に分けられます。愛着を持たせる目的のもの、期待を抱かせる目的のもの、印象付け先行のもの、意味不明なものなど命名の意図も様々。他記事で毎回解説しないで済むよう、まとめ記事にしました。
スポンサーリンク
【連載】珍称ファンド巡礼ツアー

人はなぜ投資信託に珍奇な愛称をつけるのか?珍称ファンド巡礼ツアー 旅立ち前に。を400字で。

投資信託には愛称がついているものが多数あります。愛称は確かに対面販売なんかで商品名を頻繁に口にする場合は必要なのかも知れませんが、愛称を付けることでかえって商品内容や運用内容が分かりにくくなってしまいます。むしろ分かりにくくするためにあえて愛称を付けているのでは?という邪推の審議を確かめるべく、珍称ファンドを巡ります。
ブログ話あれこれ

ありがとう50記事!愚者小路的オススメ記事3選(1~50記事編)を400字で。

当ブログの記事がようやく50記事に到達しました。1~50記事目でオススメしたい記事を3つピックアップいたしました。最初からお付き合いいただいてる方ばかりではないでしょうから、この機会にお読みいただけると嬉しいです。
節約Tips

【節約】あなたのスマホ料金は大丈夫?ゾンビ化したキャリア決済をごっそり解除/停止する方法(docomo編)。を400字で。

スマホ料金の見直しをしていると、キャリア決済(docomoではspモード決済と呼ぶ)で毎月300円ほど取られ続けている事に気が付きました。機種変更手続き時にオプションで契約させられた有料サービスを解約し忘れていたのです。既に解約方法も分からなくなっていたのですが、キャリア決済を丸ごと停止してもらえて九死に一生でした。
投資信託(ファンド)のコスト

ロボによるテクニカル分析の実力は?ARTテクニカル運用日本株式ファンドの紹介。を400字で。

ARTテクニカル運用日本株式ファンドはロボットがチャート分析で銘柄を選択するという、変わったファンドです。5台のロボがそれぞれの視点で買い時の銘柄を探してくれる良さげなファンドに見えるのですが、実際のリターンはベンチマークの日経平均に全敗。しかも資金流出が続き、繰上償還の可能性もあるという現状。詳細は記事をご覧下さい。
【連載】初心者卒業計画

投資信託のチャート画面の見方を知れば優良ファンド/危険ファンドが即わかる!

投資信託のチャート画面には色々な情報が載っていますが、最も重視すべきは「純資産総額」です。純資産総額の額の大きさはもちろんのこと、純資産総額の推移が分かればそのファンドが優良ファンドか危険ファンドかが一目瞭然となります。当記事では4つの事例から優良ファンド/危険ファンドの特徴を解説しています。
Google関連ツール/サービス

偶数だったら注意!GoogleアナリティクスのPV(ページビュー)重複カウント解消方法。を400字で。

GoogleアナリティクスのPV(ページビュー)がいつも偶数なんだけどおかしくない?と思ったらこの記事をご覧ください。私もPV重複カウントが起きてることに気付き、設定を見直したところ、WordPressテーマとプラグインそれぞれに設定していました。設定が重複していることで2回カウントしていたという凡ミスでした。
投資のやり方・続け方

投資の勉強はインプットだけじゃ身に付かない!投資ブログ作りのススメ。を400字で。

投資の勉強法・学習法には「本を読む、ネットで調べる」など手段が色々ありますが、詰込み一辺倒ではすぐに忘れてしまいます。きちんとInput、Process、Outputを通して覚えれば自然と知識が己の血肉になるのです。当記事では投資ブログを作ることでInput、Process、Outputを実践できると提案します。
スポンサーリンク