【後編】暴落に負けるな!市場に居続けるチカラを与えてくれる意外なあの人の名言。を400字で。

【後編】暴落に負けるな!市場に居続けるチカラを与えてくれる意外なあの人の名言。を400字で。 投資のやり方・続け方
この記事は約2分で読めます。
愚者小路
愚者小路

今日の400字は市場に居続けるチカラをなぜか所さんから教わってみようという話、の後編。


【前編】ありきの内容で書いておりますので、いきなりこのページ見た方は【前編】からどうぞ。
リンクはこの下に貼っておきます。

スポンサーリンク

所ジョージの名言「絶対大丈夫」を投資家的に解釈したらこうなる

図・表・引用文・動画・ソースコード・改行コード・スペース・事後補足は字数に含めないであげてください。

400字、始め!

「絶対大丈夫」の教えをこう解釈すれば意外と投資に活きる。


長期投資をしていれば自身の予想通りにいかないこともある。
それどころかとんでもない暴落に見舞われて不安に押しつぶされることもあるだろう。

しかしどんな暴落局面でも今後に活きる教訓・反省・改善点をもたらしはしないだろうか。

  • リスク許容度を甘く見積もっていなかっただろうか?
  • 市場は時に上がり過ぎ、下がり過ぎるということわりを軽視していなかっただろうか?
  • 思った以上に周囲のパニックや狂騒に流されてしまわなかっただろうか?
パニックこそが損失の根源
心のボラティリティ(変動)は総じて損失の源泉になりがちなんだよね の図

きちんと向き合って今後に活かせれば、自身の軸はもっと強力になるだろう。
暴騰も暴落も残さず自身の糧になる。
つみたて投資を辞めさえしなければ。


これが投資家的「絶対大丈夫」の解釈である。
悲観も楽観も超越して全てを自身の糧にするとは、何ともインデックス投資家らしい教えだ。

私が暴落局面で慌てないのも、全てを自分の糧にする「覚悟」をしているからだろう。

【次回予告】さーて、次回の愚者小路さんは

愚者小路
愚者小路

愚者小路です。


iDeCoから企業型DCへ(もしくはその逆)移管するハメになった、あるインデックス投資家の話をします。
おっと、自分には関係ないとか思ってはいけません。
私もそう思ってましたから・・・

ありがとうございます。

次回もまた見てくださいね。

次回のタイトル/内容は予告なく変更する場合があります。ご了承ください。
こちらランキング参加中です。
応援していただくとより多くの方にご覧いただけるし、投稿モチベーションも上がります。

↑いつもランキング向上にご協力ありがとうございます!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

・・・なんて機能はないけれど、本件と関連が深い記事です。
もう1ページ、いかがですか?

コメント