投資家らしくラテマネーを削減できる!愚者小路の節約思考。を400字で。

投資家らしくラテマネーを削減できる!愚者小路の節約思考。を400字で。 節約の考え方
この記事は約3分で読めます。

今日の400字はラテマネーの削減について。


ラテマネーとは、スタバなどのカフェで毎日気軽に買ってしまうラテのように、少額だけど日々積み重なるとけっこうな額になってしまうライトな無駄遣いを指します。

単にガマンで削減できれば誰も苦労しないものです。

スポンサーリンク

投資家たるもの、常に投資元本を意識しなければ。

図・表・引用文・動画・ソースコード・改行コード・スペース・事後補足は字数に含めないであげてください。

400字、始め!

ラテマネー前提

今回の話の前提です。ラテでイメージつかなきゃ他の物に置き換えてみましょう の図

この400円のラテを必死に我慢したところで、もって3日ぐらいだろう。
程度の差はあれ、給与所得者なら「たった400円」なのだから。

この「たった」こそがラテマネーの最大の罠である。
一度につき少しずつの消費は意外と抑止が利かないものだ

愚者小路流 節約思考でこれが「たった400円」ではなくなる。方法は簡単。

まずご自身のポートフォリオから、運用における期待リターンを思い出そう
ざっくり〇%程度で良い。

私の場合、下図の通りおよそ7%としよう。

愚者小路ポートフォリオの期待リターン

なにげに公開。愚者小路のポートフォリオ。期待リターンは7%ほどでした の図(データはmyIndexより)

では問題。
1年間運用して400円を得るには、いくらの元本が必要か?
税金は考えないものとする。

答え:およそ5700円

必要な元本を求める計算式、ラテの値段÷期待リターン(%)

必要な元本を求める計算式 の図

もうこのラテは「たった400円」ではない。
「5700円と1年間が必要」なラテである。

400円のラテなのに、5700円もの重みを感じる!
投資家的節約マジックだ!

ただし、この節約思考も度が過ぎるとココロに悪いので、各自の性格を踏まえて扱い方を考えて欲しい。

スポンサーリンク

【次回予告】さーて、次回の愚者小路さんは

愚者小路です。

先日、初めて長尺の記事を書きました。
今までの考察を基に、初心者をターゲットとしてgoogle向けの入り口を作れないかと考えたためです。
自分で再考するためにも、ここらで記事にしておきます。

ありがとうございます。

次回もまた見てくださいね。

次回のタイトル/内容は予告なく変更する場合があります。ご了承ください。
こちらランキング参加中です。
応援していただくとより多くの方にご覧いただけるし、投稿モチベーションも上がります。

↑いつもランキング向上にご協力ありがとうございます!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

・・・なんて機能はないけれど、本件と関連が深い記事です。
もう1ページ、いかがですか?

コメント