資産形成における『今年の目標』の立て方。を400字で。

資産形成における『今年の目標』の立て方。を400字で。 お金/投資の話あれこれ
この記事は約2分で読めます。
愚者小路
愚者小路

今日の400字は「今年の資産形成の目標」を立てるうえでの注意。
2020年元日のタイミングでイレギュラーに差し込みました。


目標を立てることへの是非は人それぞれ。
私は○か年計画みたいな長期計画はさすがに壮大すぎるまでも、己を律するうえでの「今年の目標」ぐらいはあってもいいんじゃないかなと考えます。
さぁ、今年は何する?

スポンサーリンク

その目標はあなたのコントロール下にあるか?

図・表・引用文・動画・ソースコード・改行コード・スペース・事後補足は字数に含めないであげてください。

400字、始め!

資産形成の今年の目標を考えるうえで注意すべきは一点。
己のコントロールにある目標を立てる事。

まずい例1

○%のリターンをあげる

これは目一杯努力しても叶わない事があるし、何の努力もなしに叶う事すらある。
はっきり言って、意味をなさない。

まずい例2

年間○万円積み立てる

つみたて投資家として立派だが、収入にだってイレギュラーは付き物。
突然の休職/失職があると頓挫してしまいやすい。
改善するとしたらこうだろうか。

改善例

年間で手取りの○%積み立てる

これなら外的要因で収入が増減しても取り組める、イレギュラーに強い目標だろう。


ここで一つ、何様気取りを覚悟で私からオススメの目標を提案してみよう。
まだやっていなければ、の話だが「投資ブログを開設して一年続けてみる」なんていかがだろうか。

投資の勉強になるし、投資継続のモチベーションにもつながりやすい。
完全に自分の努力だけで成し遂げられる、王道タイプの目標と言えるだろう。

ありがとうございます。

次回もまた見てくださいね。

次回のタイトル/内容は予告なく変更する場合があります。ご了承ください。
こちらランキング参加中です。
応援していただくとより多くの方にご覧いただけるし、投稿モチベーションも上がります。

↑いつもランキング向上にご協力ありがとうございます!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

・・・なんて機能はないけれど、本件と関連が深い記事です。
もう1ページ、いかがですか?

コメント