聖地巡礼!『もう投資なんてしない』の日比谷神社からリポート。地下室への階段はあったの?を400字で。

聖地巡礼!『もう投資なんてしない』の日比谷神社からリポート。地下室への階段はあったの?を400字で。 雑記

今日の400字は楽天証券『トウシル』のおすすめ連載記事について。

 

中桐啓貴さんの投資小説「もう投資なんてしない」では新橋駅近く、日比谷神社の地下に投資の先生がいると描かれていました。

偶然近くを通る用事があったものでその様子をお伝えします。

 

実は、地下への階段がホントにあったんです

※上記の記事の続きです。ご覧になってない方はぜひどうぞ。

スポンサーリンク

きっと中桐氏もこの階段からヒラメキを得たに違いない

図・表・引用文・動画・ソースコード・改行コード・スペース・事後補足は字数に含めないであげてください。

400字、始め!

まず「先生」の居場所をおさらいしておきたい。

「ええ、日比谷神社の横に、地下室があります。ここから近いですよ。その地下室の存在は、私も友人から聞きました。恐る恐る階段を降りていくと、重厚な扉があります。その奥に、その先生の執務室があり、そこで投資を体系的に学ばせてくれるのです」

出典:<1>投資から、退場させられた、男

赤い鳥居の横には、下へと向かう薄暗い階段が不自然にあった。隆一が降りきると、そこには、居酒屋の男が「重厚」と言ったオークのドアがあった。

出典:<2>新橋・日比谷神社、先生との出会い

総合すると、日比谷神社の赤い鳥居の横だね。
おっ、日比谷神社に着いたぞ。

日比谷神社の赤い鳥居

日比谷神社の赤い鳥居の図(撮影:愚者小路)

実際見ると小さい神社なんだな・・・
あっ、何かの入口らしきものがある!

鳥居に向かって右側に謎の入口発見

鳥居に向かって右側に謎の入口発見。中には入れませんが の図(撮影:愚者小路)

鳥居の右側に「東新橋監視室」と書かれた謎の入口

うまく写真撮れなくて断念したが、のぞき窓からチラ見するとこのドアの向こうに地下へ続く階段があった
階段はちょうど日比谷神社地下に伸びているようにも見える。

推測の域を出ないが、中桐氏もこの階段を見て設定が浮かんだのだろう。
作品のバックボーンに触れた気がして、少し嬉しくなった。

しかしこの施設、いったい何だろうか。

すぐそばに線路があり、地下には横須賀線が走っている。

謎の入口周辺地図

地下は鉄道施設になっててもおかしくないけど、確証は得られませんでした の図(画像はgoogleマップより)

鉄道関連の施設の出入り口のように思えるが納得できる証拠は調べても出てこなかった。
残念ながら、これ以上の調査は断念させてもらう。

もし都内の地下事情に詳しい方がいたらそっと教えてください。

詳しい場所はこちらです。

スポンサーリンク

【次回予告】さーて、次回の愚者小路さんは

愚者小路です。

 

普段は時期に依存した記事は書かないようにしているのですが、年の暮れだし少し時期モノの記事を書きます。

2019年、最も上昇するアセットクラスはどれか大胆予想します。

 

当然、外れるんでしょうけど・・・むしろそれを裏付ける記事にします。

ありがとうございます。

次回もまた見てくださいね。

次回のタイトル/内容は予告なく変更する場合があります。ご了承ください。
こちらランキング参加中です。
応援していただくとより多くの方にご覧いただけるし、投稿モチベーションも上がります。

↑いつもランキング向上にご協力ありがとうございます!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

・・・なんて機能はないけれど、本件と関連が深い記事です。
もう1ページ、いかがですか?

コメント