山崎元

お金の話あれこれ

山崎元 VS 荻原博子 意外な雑誌で意外な対談(2018年記事より)を400字で。

経済評論家の山崎元氏と荻原博子氏が雑誌「クロワッサン」で対談した記事の紹介です。公開から既に2年が経過していますが、今でも読める内容です。クロワッサンというマネーにそこまで本気でない雑誌であるが故にあまり激しい討論を求められていないことが功を奏したようで、読んだ感じはそこまで殺伐とした空気ではありませんでした。
【連載】愚者小路、渦中の現場から。

「山崎元が斬る!グローバル3倍3分法」(一般投資家向けイベント)の会場観覧の様子をレポートします。

日興アセットマネジメント主催でグローバル3倍3分法ファンドの是非を議論するイベントが開催されました。経済評論家の山崎元氏が同ファンドの開発者である有賀潤一郎氏にズバズバ斬りこんで行くという内容を想定していましたが、山崎氏は意外と同ファンドに高評価でした。しかしどんなファンドにも弱点はあるのでリスクは意識しときましょう。
投資関連:外部のオススメ記事・セミナー・書籍

【緊急企画】つみたてNISAフェスティバル2019開催!力の限り議事録を配信します!

2019年4月20日(土)に赤坂インターシティAIRにて金融庁主催で行われた「つみたてNISAフェスティバル2019」(通称:つみフェス2019)のレポートをアップしています。
投資のやり方・続け方

自分でできること、自分ではできないこと、投資信託では両者の切り分けが大事。を400字で。

投資信託はコストとの戦いです。無駄なコストを省くことがリターンの向上につながります。コスト削減の基本は「自分でできることは自分でやる」です。自分でできること、自分ではできないことをまとめてみましたので、記事を見ながら考えていただきたいです。自分でできることを他人に丸投げして不要なコストをかけていないかを。
【連載】初心者卒業計画

投資信託とは何か

投資信託とは高度な分散投資を実現するために生まれた仕組みです。当記事では投資信託とは何か、どうやったら利益が出るのか、メリットとデメリット、投資信託に向いている人と向いていない人など、投資信託初心者でもわかりやすくまとめています。中身も知らずに購入してしまう前に、仕組みも内容もしっかり理解していただければ幸いです。
投資関連:外部のオススメ記事・セミナー・書籍

楽天証券『トウシル』は山崎元氏が好きに語りすぎてて若干ビビる。おすすめ記事5選。を400字で。

楽天証券『トウシル』にて山崎元氏が「ホンネの投資教室」という連載をかれこれ10年以上続けられています。テクニカル分析も株主優待もロボアドやラップ口座も、かたっぱしから理屈で粉砕するホンネぶりに思わず惚れ込んでしまいます。当記事ではその中からおすすめの記事をご紹介させていただきます。たった5記事でも読み応えありです。
投資のスタンス・立ち位置を考える

投資の鉄則は『長期・積立・分散』?それとも『長期・分散・低コスト』?信用できるのはどちらか。を400字で。

投資の鉄則は『長期・積立・分散』か『長期・分散・低コスト』か。わずかな違いですが、それぞれ提唱者の立場が大きく異なります。実際に調べてみると、コストの高いサービスを推している金融機関ほど『長期・積立・分散』を提唱し、誰にも気兼ねせず自由に発言できる個人ほど『長期・分散・低コスト』を提唱している事が明らかになったのです。
投資のやり方・続け方

つみたて投資の手法、ドルコスト平均法は万能?ペテン?に関するシンプルな答え。を400字で。

ドルコスト平均法はペテン?ドルコスト平均法でリスクは小さくなるの?などなどギモンの絶えないテーマではありますが、結論言うと、つみたて投資により買い付け期間の平均を取るようになるだけで別段有利にも不利にもならないというのが答え。「相場が下がった時に買えばいいじゃん」なんて考えはピクチャー・ライスケーキなんだ!
スポンサーリンク