アセットアロケーション

インデックス投資

愚者小路がGDP比率に基づいたポートフォリオ運用をする理由。を400字で。

わたくし愚者小路はポートフォリオ運用にあたり、国内/先進国/新興国の配分割合はGDP総額比率をトレースする形を採用しています。時価総額比率だと新興国のウェイトが相当低くなってしまうのは、やはり株式市場インフラが未発達なことも原因としてあるでしょうし、新興国の現場で多くのお金が流れてることを考えるとGDPが好ましいです。
【連載】国際分散ポートフォリオ作成入門

【第4回】ポートフォリオのカスタムは全体像を見つつ自分の主義主張を盛り込んで

株式ファンドの組み入れ比率や国内・先進国・新興国の配分割合が決まったら、少しだけ自分の好みを盛り込んでみるのも面白いでしょう。ポートフォリオのカスタムは前ステップまでに決めた配分やリスク・リターンを大きく逸脱しない範囲で行います。当記事では色々なパターンを想定しカスタム事例を作っていますのでぜひ参考にしてみてください。
【連載】国際分散ポートフォリオ作成入門

【第1回】投資信託初心者でも簡単安心。ポートフォリオ運用のお手本はバランスファンドにあり

投資信託に関する知識や経験のない初心者の方にとって、自分でポートフォリオを組むというのはなかなかハードルが高く思えてしまうかも知れません。しかし、きちんとステップ踏んで考えていけば意外と簡単に自分らしいポートフォリオは作れます。バランスファンドをテンプレートとして、そこから「模倣とカスタム」で作っていきましょう。
【連載】珍称ファンド巡礼ツアー

『珍奇な愛称:らっぷちゃん』アセットアロケーション・ファンドの気になる評価は?(珍称ファンド巡礼ツアー)を400字で。

「らっぷちゃん」ことアセットアロケーション・ファンドは安定型・安定成長型・成長型の異なるリスクの3種類から選べるインデックスバランスファンド。目論見書も3種類で一つのため横並びの比較がしやすく大変好印象です。反面、資産配分には癖があり、運用のサジ加減で配分比率がコロコロ変わりうるのは難点と言えます。
投資のやり方・続け方

内藤忍氏がマネクリで連載開始。『お金から自由になる方法』の今後に期待!を400字で。

内藤忍氏がマネックス証券のオウンドメディア「マネクリ」にて『お金から自由になる方法』という連載を開始されました。市況や見通しといった近視眼的な記事が多いマネクリにおいて内藤氏が志すような長期投資に関する記事は異質な印象を受けます。しかしマネクリのカラーを覆すキラーコンテンツになってほしいものです。
スポンサーリンク