【出題編】『珍奇な愛称:レッツ豪』オーストラリア好利回りバランス・ファンド(毎月) の気になる評価は?(珍称ファンド巡礼ツアー)を400字で。

【連載】珍称ファンド巡礼ツアー
この記事は約3分で読めます。

珍奇な愛称のファンドを探し、商品内容を吟味する珍称ファンド巡礼ツアー。

珍称トラベラーの愚者小路です。

 

今回は「レッツ豪」。

愛称のひどさ以上に、このファンドにはパッと見ではわからない秘密がありました。

話が大きくなったため【出題編】【解答編】に分けてお届けします。

『愛称:レッツ豪』オーストラリア好利回りバランス・ファンド(毎月)の基本情報

『愛称:レッツ豪』オーストラリア好利回りバランス・ファンド(毎月)の基本情報
珍称タイプダジャレ型
ファンド分類アクティブファンド
購入時手数料2.16%
(楽天証券、SBI証券ではノーロード)
信託報酬1.08%
分配金毎月
(ただし2017/08設定来から2019/08現在まで無配続き
アセットクラス先進国株式・債券・REIT
投資対象オーストラリアの株式・債券・REITへ投資する
運用方針債券70:株式15:REIT15の割合。
株式とREITは配当利回り重視。
備考1販売会社は楽天証券、SBI証券、高木証券の3社。
備考2毎月分配型でない兄弟ファンドも設定されている。

純資産総額推移が教えてくれた「ある違和感」

図・表・引用文・動画・ソースコード・改行コード・スペース・事後補足は字数に含めないであげてください。

400字、始め!

珍称タイプはダジャレ型
考えた人も止めなかった人もまとめて「廊下に立ってなさい」と言いたくなるネーミングだ。

基準価額は1万円前後を推移していて、純資産総額もほぼ横ばいとなっている。

オーストラリア好利回りバランス・ファンド(毎月決算型)の純資産総額推移

純資産総額が2年間キレイな横ばい。設定来無配の毎月分配型ファンドでこの推移は異常 の図(画像は楽天証券モーニングスターより)

一見何もおかしい点はないように見えるが、分配状況と照らし合わせると私にある違和感が芽生えた。

当ファンドは毎月分配型。
しかしパフォーマンスが振るわないため、設定来一度も分配金を出していない

一般的に毎月分配型ファンドでは分配金が減額されただけでも雪崩のような資金流出が発生するものだ。
分配金大好きっ子たちが2年間無配の毎月分配型ファンドを揃いも揃ってお行儀よく保有しているとは考えられない

オーストラリア好利回りバランス・ファンド(毎月) の資金流入出

2年間資金の動きはほぼないと言っていいレベル。このファンドがちょっとしたゴーストタウンに見えてしまう!の図(画像はモーニングスターより)

資金流出入額を見ると設定時に10億円入った後はほとんど動きがない。
まるで呼吸をしていないかのような静けさ。

このファンドに何が起きているのだろう?

ここまでを【出題編】としよう。
各自答えを想像してから【解答編】をご覧いただけると幸いだ。

【事後補足】
クローズドなファンドではありません。
いつでも購入できていつでも解約できる、普通のオープンなファンドです。
※当連載のまとめ記事はこちら。
【連載記事一覧】人はなぜ投資信託に珍奇な愛称をつけるのか?珍称ファンド巡礼ツアー
今までの珍称ファンド、一気読みしてみませんか?

【次回予告】さーて、次回の愚者小路さんは

愚者小路です。

 

引き続き「レッツ豪」の問い合わせ結果を基に当ファンドの実状を推察します。

投資信託の商品数が5000弱あれば、こういうファンドがあってもおかしくないなぁ・・・

ありがとうございます。

次回もまた見てくださいね。

次回のタイトル/内容は予告なく変更する場合があります。ご了承ください。
こちらランキング参加中です。
応援していただくとより多くの方にご覧いただけるし、投稿モチベーションも上がります。

↑いつもランキング向上にご協力ありがとうございます!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

・・・なんて機能はないけれど、本件と関連が深い記事です。
もう1ページ、いかがですか?

コメント