宝くじの持つ意外なパフォーマンス。『費用対ドキドキ』の高さを考える。を400字で。

宝くじの持つ意外なパフォーマンス。『費用対ドキドキ』の高さを考える。を400字で。 お金/投資の話あれこれ
この記事は約3分で読めます。
愚者小路
愚者小路

今日の400字は宝くじの「費用対ドキドキ」について。


経済評論家の塚崎公義氏による記事きっかけで気付いたのでご紹介がてら私の考えも述べてみます。(該当記事のリンクは後述)
塚崎氏の記事は宝くじに経済的合理性はないとしながらも別の合理性はあるのではないか、といった内容です。


ちなみにわたくし愚者小路は宝くじをギャンブルのカテゴリに入れています。
宝くじファンは気を悪くされるかも知れませんが個人の切り分けにつきご了承ください。

スポンサーリンク

ポイントはドキドキが長く持続する事

図・表・引用文・動画・ソースコード・改行コード・スペース・事後補足は字数に含めないであげてください。

400字、始め!

記事では宝くじは他のギャンブルと比べてドキドキを長く維持していられると述べている。

当せん番号の発表までの間、「当たったら何に使おうか」などと考えるのも楽しいに違いない。
夢を持てるのは素晴らしいことだ。
実際に当たる確率は極めて小さいので、他人からみれば単なる妄想かもしれないが、上記の錯覚によって本人が「当たるかもしれない」と思えるなら、夢を持てるわけだから、問題なかろう。

カジノのルーレットは楽しめる時間が1分くらいしかないのに、宝くじは何日も夢を持ち続けられる、という点も素晴らしい。そんな宝くじが数百円で手に入るなら、購入することは非合理的とはいえないだろう。

出典:ダイアモンドオンライン『「宝くじで夢を買う」のは、確率的には損でも非合理的ではない理由』

たしかに競馬のレースは数分。パチンコは30分強で1万円が飛んでいく。
対して2021年の年末ジャンボ宝くじを例にあげると発売は11/24で抽選は12/31とおよそ5週間もドキドキを維持できる。

ギャンブルとは基本的にお金でドキドキを購入する行為だ。
だとすると長くドキドキを維持できる宝くじの「費用対ドキドキ」が高いとする主張もうなずける。

宝くじ売り場に並ぶ人々
宝くじ売り場に並ぶ人々。経済合理性はなくともドキドキを購入しているのなら、合理的な話はするだけヤボなのかも知れない の図(撮影:愚者小路)

ただし結果が出るまでに長い時間かかった方が良いのであれば、宝くじより上がある。
あいにくギャンブルではないが、長期投資だ。

宝くじの5週間をゆうに超える数年、数十年と好きなだけ時間をかけていられる。

愚者小路
愚者小路

もっとも費用対ドキドキで言えば、最初の2~3年ぐらいしかドキドキしないと思うけどね。

数十年ずっと期待を維持できると考えると、長期投資は何ともすごく贅沢な事をしているように思えてきてしまった。

事後補足

昔パチンコ屋でバイトしてた時から豆知識を一つ。
当時社員さんから聞いた話ではパチンコで玉を射出するスピードは100発/分までと定められているのだそう。
1玉4円なら25分でなくなる計算だけど、チャッカーに入った分の戻しや長いハズレ演出で射出を止めてる時間もあるだろうから本文中では「30分強で1万円が飛ぶ」と概算しました。

【次回予告】さーて、次回の愚者小路さんは

愚者小路
愚者小路

愚者小路です。


私はニュースを見て震えました。
ある銀行で顧客が投資信託購入代金として受け取ったお金を支店長が自分のポッケに入れてしまう事件が発生しました。
詳細は記事で解説するとして、完全システム化された金融機関にも「システムの外側」ってのがあるものなんですね。

ありがとうございます。

次回もまた見てくださいね。

次回のタイトル/内容は予告なく変更する場合があります。ご了承ください。
こちらランキング参加中です。
応援していただくとより多くの方にご覧いただけるし、投稿モチベーションも上がります。

↑いつもランキング向上にご協力ありがとうございます!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

・・・なんて機能はないけれど、本件と関連が深い記事です。
もう1ページ、いかがですか?

愚者小路

当ブログ管理人であり、当記事の執筆者。
「ぐしゃのこうじ」と読みます。
2000年代半ばから投資を始め、かれこれ十数年。
インデックス投資をコツコツ実践している傍らで、2018/09より投資ブログを開設しました。

愚者小路をフォローする
お金/投資の話あれこれ
スポンサーリンク
愚者小路の400字

コメント