愚者小路の投資スタンスは『よりマシ理論』で決まった。を400字で。

愚者小路の投資スタンスは『よりマシ理論』で決まった。を400字で。 インデックス投資
この記事は約2分で読めます。
愚者小路
愚者小路

今日の400字は「よりマシ理論」について。


理論なんてカッコつけていますが、400字で持て余すぐらいのシンプルな理屈なのでチカラ抜いてお読みください。
インデックス投資に着地した人は明言しないまでも案外似たような理屈に基づいているんじゃないかな。

スポンサーリンク

前向きな理由で国際分散のインデックス投資を選ぶのは案外難しい

図・表・引用文・動画・ソースコード・改行コード・スペース・事後補足は字数に含めないであげてください。

400字、始め!

そもそも私が投資をする理由。
給料も上がっていかず、安定も望めない仕事に全力BETして不安と徒労に押しつぶされるだけの仕事一辺倒よりマシだから。

私が長期投資をする理由。
ゼロサムゲームに多大な消耗を強いられる短期売買よりマシだから。

私が投資信託を選ぶ理由。
大きな値動きに翻弄され、神経質に材料の出現を見張っていないといけない個別株よりマシだから。

私がインデックス投資をする理由。
変に対象やタイミング絞った結果、かえってリターンを取りこぼす可能性のあるアクティブ投資よりマシだから。

私が国際分散投資をする理由。
特定の国だけを過信して世界中で起きている経済活動のリターンを享受し損ねる可能性がある一国集中投資よりマシだから。

愚者小路の投資スタンス
シンプルな2択に対し「よりマシ」な方を選び続けて、わたくし愚者小路は今の投資スタンスに落ち着いたわけです の図

以上、私が現在の投資スタンスに落ち着いた経緯である。
投資を始めたばかりの人にはずいぶん消極的に思えるのではないだろうか。

だがインデックス投資は案外こうした消去法の果てに手にするものだ。

【次回予告】さーて、次回の愚者小路さんは

愚者小路
愚者小路

愚者小路です。


投資信託のユーザーを固い言葉だと受益者と呼びます。
正直、受益者って誤解を招きやすい言葉に思えて当ブログでは「保有者」と呼んでいる事が多いです。


何が誤解を招きやすいかと言いますと・・・

ありがとうございます。

次回もまた見てくださいね。

次回のタイトル/内容は予告なく変更する場合があります。ご了承ください。
こちらランキング参加中です。
応援していただくとより多くの方にご覧いただけるし、投稿モチベーションも上がります。

↑いつもランキング向上にご協力ありがとうございます!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

・・・なんて機能はないけれど、本件と関連が深い記事です。
もう1ページ、いかがですか?

コメント