400字対象外

【連載】初心者卒業計画

一括投資か、つみたて投資か、それが問題だ。悩んだら思考と嗜好を整理しよう

投資信託による資産運用を始めるにあたり、ある程度まとまった資金があった場合に一括で買い付けるか、ドルコスト平均法を活かしてつみたて投資で買い付けるか、なかなか決断しにくい問題だと思います。短期的な相場の動きは予想不能なのでどちらが有利か不利かを論ずることに意味はありません。自身のメンタリティーにあった選択を。
投資のやり方・続け方

長谷川嘉哉『一生使える脳』から考える、老化リスクに負けない『一生使える投資』

長谷川嘉哉『一生使える脳』の紹介と、そこで学べることを投資にどう生かせるか落とし込んでいきます。年齢を重ねるごとに脳の前頭前野はその機能が衰えていきます。処理能力や判断能力が落ちるだけでなく感情的になりやすくなってしまいますので、それらを加味した投資体制を構築しなければなりません。シンプル投資を老後も続けましょう。
投資以外:おすすめ書籍・グッズ

在宅勤務者必見。騒音問題を解消して作業に集中できる防音グッズ

在宅勤務やご自宅での勉強において大きな問題となりうるのが騒音問題。周りがうるさいとなかなか目の前の作業に集中できず、パフォーマンスが大幅低下してしまいます。当記事では騒音対策として耳栓とイヤーマフの併用をオススメします。併用することでテレビやゲーム、オーディオでうるさかった部屋もオフィス並みに騒音軽減が可能です。
スポンサーリンク
【連載】愚者小路、渦中の現場から。

【あとがき】移管は突然に!?iDeCoから企業型DCになって損した投資家、一縷の望みを語る

2020年4月現在の確定拠出年金制度は企業型DCを最優先として、iDeCoはオマケ程度にしか扱われないという「事業所ファースト」が問題となっています。個人の資産形成であるはずなのにその主体を企業にリンクさせてしまっているせいでポータビリティーを大きく損なっています。新しい改正案ではその問題の大幅改善の期待がもてます。
【連載】愚者小路、渦中の現場から。

【後編】移管は突然に!?iDeCoから企業型DCになって損した投資家、悲劇の全容を語る

iDeCoから企業型DCへの移管を強いられた私。多くの不都合や損失が発生して憤懣やるかたない気持ちでいっぱいです。商品ラインナップに難があったせいで積立体制の変更を余儀なくされました。拠出額が大幅に減ってしまい、節税効果が薄れてしまいました。企業型DCへの移管手数料が発生しましたし、iDeCoに戻るにも手数料が生じます
【連載】愚者小路、渦中の現場から。

【中編】移管は突然に!?iDeCoから企業型DCになって損した投資家、悲劇の全容を語る

個人型確定拠出年金(iDeCo)から企業型確定拠出年金(企業型DC)に移管するための手続きを実体験から解説します。「iDeCoを止める手続き」「企業型DC」を始める手続きの双方が必要で、特に「iDeCoを止める手続き」こと資格喪失手続きが遅れると個人型と企業型で重複拠出期間が生まれるし、掛金還付にも手数料がかかります。
【連載】愚者小路、渦中の現場から。

【前編】移管は突然に!?iDeCoから企業型DCになって損した投資家、悲劇の全容を語る

私は個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入してわずか4か月足らずで企業型確定拠出年金(企業型DC)へ移管することになってしまいました。転職したわけではなく、企業型DCを採用する会社に吸収合併されたことが原因です。企業の在り方が移ろいやすい昨今、企業に雇用されている人なら誰にでも起こりうる話なので体験談をまとめました。
【連載】愚者小路、渦中の現場から。

トマ・ピケティ「21世紀の資本」映画版 投資家としての感想

トマ・ピケティのベストセラー「21世紀の資本」が2020/03/20より劇場公開されました。原作を知らなくても十分に楽しめる作品に仕上がっており、18世紀の貴族社会から現代の格差社会までその経済の在りようがいかに変化していったかがよく分かります。十分に富が循環しない現代、我々にできることは何か、考えてみたくなります。
【連載】愚者小路、渦中の現場から。

【総括】金融機関における資産運用の相談は本当に「相談」になっていたか?

証券会社と銀行の店頭における資産運用相談の実態を明らかにしてきました。どちらも「目の前の顧客に適した商品」ではなく「金融機関側の売りたい商品」を売らなければならないという縛りが足かせとなり、顧客本位の提案がいただけなかったように感じました。そもそも顧客の意向を一切ヒアリングしていないため一方的な提案になるのも当然です。
【連載】愚者小路、渦中の現場から。

【後編】銀行の店頭に資産運用の相談をしに行ったらこうなった!(リアル体験談)

銀行に投資信託を用いた資産運用について相談に行った体験談の続きです。分かりやすく長期の安定運用に適した商品として紹介されたのはなぜかヘッジファンド系のバランスファンドとハイイールド債券ファンド。右も左も分からない初心者が特殊な商品性を出来るとは考えにくく、銀行による一方的なパワー営業を疑わざるを得ない場面も多々。
スポンサーリンク