楽天証券

【連載】珍称ファンド巡礼ツアー

『珍奇な愛称:シャイニング・フューチャー』世界中小型株式ファンドの気になる評価は?(珍称ファンド巡礼ツアー)を400字で。

世界中小型株式ファンドは国内、先進国、新興国の中小型株に投資するファンドです。販売会社が少ないせいで主力販売会社であるみずほ銀行が営業に注力しなくなると途端に純資産が減少してきました。ネット証券でも全く売れておらず、今後の資金繰りは相当な苦戦が予想されます。リターン自体も設定来1.6%というイマイチな成績です。
販売会社(証券会社、銀行)について

投資信託ユーザーから見てマネックス証券ってこんなところ。本音の評価教えちゃいます。を400字で。

マネックス証券を使い続けて14年経ちました。当初は投資信託に強みを持っていたのですが、現在はSBI証券や楽天証券と比べて投資信託取扱本数も少なく、先頭グループの2社と比べて距離を空けられた印象があります。しかし低コストインデックスファンドのラインナップにはほとんど変わりがないため、インデックス投資には事欠かないです。
投資関連:外部のオススメ記事・セミナー・書籍

【感想とご紹介】中桐啓貴『日本一カンタンな「投資」と「お金」の本』に学ぶ、シンプル投資のしなやかな強さ

楽天証券トウシルの人気連載「もう投資なんてしない」が書籍化されました。感想と書評を兼ねて記事にさせていただきます。知識のない初心者がしっかり長期投資を成し遂げるためには、投資そのものの理解をはじめ資本主義や投資家心理までをしっかり納得させることが必須です。長期投資に必要なエッセンスはこの本が丁寧に教えてくれます。
投資関連:外部のオススメ記事・セミナー・書籍

中桐啓貴『もう投資なんてしない』は長期投資家必見!長期投資の心構えとは?を400字で。

楽天証券「トウシル」のおすすめ記事紹介。今回は中桐啓貴氏の「もう投資なんてしない」。これから投資を学ぶ初心者から、かつて初心者だった人までやさしく読める仕上がりになっています。投資家心理や投資と投機との違い、長期投資におけるリターンとリスクの話まで事細かに説明してくれる良テキストです。全25回連載、ぜひ読んで欲しいです。
投資関連:外部のオススメ記事・セミナー・書籍

聖地巡礼!『もう投資なんてしない』の日比谷神社からリポート。地下室への階段はあったの?を400字で。

楽天証券『トウシル』の連載記事「もう投資なんてしない」では日比谷神社の地下に投資の先生がいて、投資について体系的に教えてくれる、ということになっていました。日比谷神社近くを通りがかったので「まさか地下への階段までは実在しないだろう」と思っていましたが、まさか本当にあるとは!その様子は記事内でお伝えします。
投資関連:外部のオススメ記事・セミナー・書籍

楽天証券『トウシル』は山崎元氏が好きに語りすぎてて若干ビビる。おすすめ記事5選。を400字で。

楽天証券『トウシル』にて山崎元氏が「ホンネの投資教室」という連載をかれこれ10年以上続けられています。テクニカル分析も株主優待もロボアドやラップ口座も、かたっぱしから理屈で粉砕するホンネぶりに思わず惚れ込んでしまいます。当記事ではその中からおすすめの記事をご紹介させていただきます。たった5記事でも読み応えありです。
投資の話がしにくい世の中

ホンマでっか!?TVに楽天証券の篠田尚子さんが出演。テレビの求める投資像とは。を400字で。

ホンマでっか!?TVに楽天証券の篠田尚子さんが出演され、投資信託のことを色々と説明されていました。時間の尺もあるし、局側に求められていることもあるので「インドの投資信託がオススメ。3~4倍になったこともある」などヤマっ気に満ちた情報しか話させてもらえませんでした。テレビにはもう少し投資を中立的に取り上げて欲しいものです。
スポンサーリンク