【連載】SEOと検索意図を探る

【連載】SEOと検索意図を探る

共起語ってホントに検索順位向上に役立つの?『投資信託』の共起語に驚き!を400字で。

共起語はある検索ワードとセットで登場しがちな言葉のことで、共起語が適度に盛り込まれていると検索エンジンの評価が高くなりやすいと言われています。自ブログのSEO対策に活かそうと「投資信託」の共起語分析をしたところ、安藤証券というマイナーな証券会社や私の名前「愚者小路」が出てくるに至り、共起語については気にしないことに。
【連載】SEOと検索意図を探る

痛感!bingとgoogleの検索ロジックはタイトルの評価方法がこんなに違う(検索意図を探れ 第6回)。を400字で。

bingとgoogle、同じ検索エンジンでもそのロジックは大きく異なります。検索ワードと全く同じの「そのものズバリ」なタイトルを付けたところ、bingではあっさり表示順位1位を勝ち取ったのにも関わらず、googleでは表示順位が下落。bingでは「そのものズバリ」なタイトルがあれば優先表示してくれるみたいですね。
【連載】SEOと検索意図を探る

検索意図に対し的確な答えを示すには記事の文字数はどれぐらい必要か(検索意図を探れ 第5回)を400字で。

SEO対策として記事の文字数がどれぐらいあれば良いか?大きなテーマですね。当ブログの400字程度の記事でも検索一位に躍り出る事例を紹介すると共に、仮説を導きました。検索意図に対する「答え」さえ的確に提供できれば文字数は関係ないのではないか。話題をしっかり細分化し、その情報について網羅的に語れれば少ない文字数でも良いはず。
【連載】SEOと検索意図を探る

情報網羅とやさしい解説を意識したら検索順位は〇〇位に食い込んだ(検索意図を探れ 第4回)を400字で。

初心者向けに作成した投資信託のコストについての解説記事のgoogle検索順位を調べました。現実的に上位を狙えるのは「投資信託 コスト 目安」のような3ワードものだけでしたが、大きな前進です。集客記事がうまくいけば既存の400字記事への流入も期待できそうです。まずは丁寧にリライトしながら1ページ目を目指すとしましょう。
【連載】SEOと検索意図を探る

投資信託初心者に表面上の答えを与えても不安は消えない?(検索意図を探れ 第3回)を400字で。

検索意図を考えるシリーズ第3回。投資信託(ファンド)初心者がyahoo知恵袋で「何を買えばいい?」「今は買い?売り?」など投資判断を仰ぐ質問をするのはよくある光景。しかしその場限りの答えをもらって本当に安心できるのでしょうか。本当に必要なのは自分で判断するための軸を持つこと。投信ブログが伝えるべき事もそこにあるはず。
【連載】SEOと検索意図を探る

投信ブログ検索でひふみ投信と女性関連ワードが上位表示されやすいワケ(検索意図を探れ 第2回)を400字で。

google検索で上位表示されやすくなるにはどうしたら良いか?を考える定期企画。「ひふみ投信」「女性・主婦・OL」などのワードが強力な理由を考察しました。一般的なSEOではなく、投信ブログというジャンルにきっちりハメ込んで検索意図を考えないと、誰のためにもならないと思っています。
【連載】SEOと検索意図を探る

「投資信託 ブログ」検索結果から上位表示ページの共通点を探せないか?(検索意図を探れ 第1回)を400字で。

google検索で上位表示されるブログには何か秘密があるはず・・・。googleやその利用者はブログ検索時に何を求めているのか、そこさえ分かればもう少しgoogleにモテやすくなるはず。愚者小路、自問自答の思考訓練。今はまだ記事数も少ないけど、ここから検索意図を探ることができればブログの将来は明るくなるに違いない。