投資

アクティブ投資

ポートフォリオ運用するのにアクティブファンドが不向きな理由 。を400字で。

ポートフォリオ運用は色々なファンドを組み合わせることでリスクの分散や軽減を図ることができます。きちんとリスク管理をするうえで個々のファンドのリスクや他ファンドとの相関を把握する必要があるのですが、アクティブファンドではこれらの把握は非常に困難です。売買が頻繁なファンドは特にリスクもコロコロ変わりやすいので要注意です。
投資のスタンス・立ち位置を考える

新説?投資をする理由、投資をしない理由、実はどちらも同じだった!を400字で。

投資をする理由も投資をしない理由も、根本にあるのは「後悔回避」の心理です。後悔回避自体はプロスペクト理論で説明ができますが、両者は思い描く「後悔」が異なるだけで「投資をやろう!」「投資なんてやめとこう!」という対極の選択を取るのは大変興味深く感じます。考えの違う人に無理強いをするのはやめておきましょう。
お金の話あれこれ

情報商材をつかまされた!?集団訴訟で反撃の狼煙(のろし)は上がるのか。を400字で。

投資系・投機系の情報商材に騙された方々が集団訴訟を行うためのプラットフォームの一つがMatoMaです。多くの案件が公開されており、訴訟の参加人数や請求予定金額から、氷山の一角とはいえ被害状況を伺い知ることができます。いくつかの案件では回収のメドが立たず頓挫したものもチラホラ。訴訟も万能ではないということです。
スポンサーリンク
投資の話がしにくい世の中

投資は副業ではない!副業だとしたら色々矛盾しちゃうじゃないか。を400字で。

よく「副業」で検索すると、その一つの手段として投資を挙げる方がいます。副業の定義の曖昧さから解釈も異なると思いますが、当記事では投資は副業ではないと考えます。投資が副業だったら、副業禁止の会社で年金や預金といった直接投資/間接投資いずれも禁止されてしまい矛盾が生じてしまうからです。あくまで個人資産の持ち方の一形態です。
投資のやり方・続け方

ココナラ『株式・各種投資の相談』カテゴリーではどの程度の得意が売られているのか?を400字で。

ココナラには『株式・各種投資の相談』というカテゴリーがあり、多くの出品者が投資・投機の助言をしています。大半は投機的なサービスではありますが、投資信託関連のアドバイス的なサービスも存在しています。ただしサービスの買い手としては成果物のイメージが大変つかみにくく、サービス購入のための心理的ハードルは高いように思えます。
投資のやり方・続け方

投資家が最初に読んだ投資本はだいたいロクな本じゃない説。を400字で。

投資を始めるにあたり最初に購入した本ってだいたいヤマっ気が強いトンデモ本だったりするものです。私もそうでした。最初に買った本ではあまりに薄いトレード指南で「毎月10万儲かる」と謳うもので、初心者相手なのにレバレッジをきかせた信用取引まで推奨していました。後から振り返れば明らかな駄本なことは分かるのですけど・・・
投資のやり方・続け方

低所得者の投資ほど過程を大事にしよう。過程はリターンにつながる足場です。を400字で。

低所得者の投資が失敗しやすい原因について説明します。低所得者ほど過程を度外視して一発ドカンと大金持ちになろうとします。そういった資産運用方法を「玉砕型」と私は呼んでいます。玉砕覚悟の資産運用が報われる確率はかなり低いので、リスクを制御しながら長期で自分に続けられるようなやり方を積み重ねる方がよほど勝ち目ありでしょう。
【連載】初心者卒業計画

リスクは怖い?リスクは良くない?投資の価格変動リスクのシンプルな考え方

投資におけるリスクのうち価格変動リスクについて初心者にも分かりやすく解説します。価格変動リスクは価格変動幅そのものであり、長期投資をするうえではリスクとリターンのバランスを考え、効率的にリスクを背負わなければなりません。高リスク商品の割合を減らしたり、値動きの異なる商品を併せ持つことである程度リスク制御は可能なのです。
投資の話がしにくい世の中

親が投資に反対するのはどうして?親世代とのギャップをドラクエ風に理解しよう。を400字で。

投資を始めるにあたり、親から反対を受けることはよくあることです。親世代は投資の必要性を感じなくて済む時代を生きてきました。我々世代が投資の必要性を力説しても、親世代が昔のセオリーを力説しても、互いに話がかみ合わないのは当然のこと。当記事では「お金クエスト」という概念で投資に関する世代間ギャップを解説いたします。
投資のやり方・続け方

投資の勉強はインプットだけじゃ身に付かない!投資ブログ作りのススメ。を400字で。

投資の勉強法・学習法には「本を読む、ネットで調べる」など手段が色々ありますが、詰込み一辺倒ではすぐに忘れてしまいます。きちんとInput、Process、Outputを通して覚えれば自然と知識が己の血肉になるのです。当記事では投資ブログを作ることでInput、Process、Outputを実践できると提案します。
スポンサーリンク