高齢者

お金/投資の話あれこれ

定年退職?諦念退職?60代からの資産運用スタートは遅すぎるのか?を400字で。

60代前半の男性にとったアンケートでは4割の方が「定年前に資産運用やっておけばよかった」と答えており、やってこなかった後悔と同時にこれからやっても遅いと諦める気もちもくみ取れます。しかしシンプルな投資を学んでいけば1年もあれば必要十分な知識を得ることができるでしょう。資産を守るための学習をぜひ始めてほしいところ。
お金/投資の話あれこれ

60~65歳男性の後悔『定年退職までに資産運用しておくんだった』に秘められた本意。を400字で。

定年退職者向けのアンケートで「定年退職前にもっとやっておけば良かったと思うこと」を質問したところ、最も多い回答は「資産運用」でした。60歳過ぎてから新たに資産運用について学んでいくのは当事者にしか分からない大変さがあるのでしょう。若いうちから金融リテラシーを高めておく事の重要性を強く感じました。
販売会社(証券会社、銀行)について

世紀末救世主伝説あんしん一郎 from 全銀協 ~金融商品のトラブルから高齢者を守れ~を400字で。

内容が不明瞭な投資信託を買わされた。客に不利な「粗悪な保険」を買わされた。銀行に関する悪い噂はネット上ではいくらでもあるし、「銀行で金融商品を買わないこと」は賢明な投資家にとってもはや常識と言えます。そんな状況でこれ以上銀行の印象を損なってはいけないと、全国銀行協会(全銀協)が啓蒙動画を配信しています。今日はそのご紹介。
スポンサーリンク