検索順位

【連載】SEOと検索意図を探る

痛感!bingとgoogleの検索ロジックはタイトルの評価方法がこんなに違う(検索意図を探れ 第6回)。を400字で。

bingとgoogle、同じ検索エンジンでもそのロジックは大きく異なります。検索ワードと全く同じの「そのものズバリ」なタイトルを付けたところ、bingではあっさり表示順位1位を勝ち取ったのにも関わらず、googleでは表示順位が下落。bingでは「そのものズバリ」なタイトルがあれば優先表示してくれるみたいですね。
【連載】SEOと検索意図を探る

検索意図に対し的確な答えを示すには記事の文字数はどれぐらい必要か(検索意図を探れ 第5回)を400字で。

SEO対策として記事の文字数がどれぐらいあれば良いか?大きなテーマですね。当ブログの400字程度の記事でも検索一位に躍り出る事例を紹介すると共に、仮説を導きました。検索意図に対する「答え」さえ的確に提供できれば文字数は関係ないのではないか。話題をしっかり細分化し、その情報について網羅的に語れれば少ない文字数でも良いはず。
【連載】SEOと検索意図を探る

「投資信託 ブログ」検索結果から上位表示ページの共通点を探せないか?(検索意図を探れ 第1回)を400字で。

google検索で上位表示されるブログには何か秘密があるはず・・・。googleやその利用者はブログ検索時に何を求めているのか、そこさえ分かればもう少しgoogleにモテやすくなるはず。愚者小路、自問自答の思考訓練。今はまだ記事数も少ないけど、ここから検索意図を探ることができればブログの将来は明るくなるに違いない。
スポンサーリンク