手数料

【連載】愚者小路、渦中の現場から。

【後編】移管は突然に!?iDeCoから企業型DCになって損した投資家、悲劇の全容を語る

iDeCoから企業型DCへの移管を強いられた私。多くの不都合や損失が発生して憤懣やるかたない気持ちでいっぱいです。商品ラインナップに難があったせいで積立体制の変更を余儀なくされました。拠出額が大幅に減ってしまい、節税効果が薄れてしまいました。企業型DCへの移管手数料が発生しましたし、iDeCoに戻るにも手数料が生じます
投資信託(ファンド)のコスト

投資信託の信託財産留保額とは

投資信託の信託財産留保額とは、投資信託の売却(解約)時にかかるコストです。売却分の現金を用意するためにかかる売買手数料などを保有者本人から別途徴収しようというものです。ファンドの資産を保全するには必要なコストではありますが、十分に資金流入があるファンドであればゼロであっても問題ありません。
投資信託(ファンド)のコスト

投資信託の信託報酬とは

投資信託の信託報酬とは、投資信託3大コストの一つで、購入後、保有している間ずっと日割りで徴収されます。投資信託購入後、継続的にかかる費用で、純資産総額から日々差し引かれています。信託報酬が高いからと言って期待リターンが高くなることはほぼないと言って良いでしょう。低コストファンドから選ぶことをおすすめします。
投資信託(ファンド)のコスト

投資信託の購入時手数料とは

購入時手数料は投資信託における3大手数料の一つで、投資信託を購入する時に発生します。概ね0~3%の間で設定されており、同じ商品でも金融機関によって購入時手数料は異なります。ネット証券では総じて購入時手数料ゼロ(ノーロード)ファンドの取扱いが多くなっています。リターンにつながるコストではないのでノーロードがおすすめです。
【連載】初心者卒業計画

投資信託のコストを徹底解説。手数料の種類と目安を覚えよう

投資信託のコストは購入時手数料、信託報酬、信託財産留保分と3種類あります。このコスト、決して軽んじてはいけません。コストはあなたの投資のリターンを大きく左右します。当記事では各コストの意味や目安、銀行とネット証券でのコスト比較など詳細な情報をご用意して分かりやすく解説します。ファンド選びに役立てていただけると幸いです。
投資信託(ファンド)のコスト

野村證券の投資信託には〇〇〇が明記されていない!を400字で。

野村證券のウェブサイトにて投資信託を調べていたら面白い発見がありました。アレを書いてないのはほぼ確信犯だろうと思いつつも「それ、野村にきいてみよう」をしてみました。
スポンサーリンク