難あり投資信託

投資信託(ファンド)のリスク

【公式回答あり】ロボアドバイザーTHEO「AIアシスト」機能でコロナショックを軽減できたのか?を400字で。

ロボアドバイザーTHEOに実装されている「AIアシスト」機能についての問い合わせ結果を情報共有します。AIが「下落の可能性が高い」と判断するとポートフォリオを保守的に比率変更することで下落のダメージを軽減する機能です。コロナショックでもアラートは挙がったものの比率変更は微々たるもので下落は回避できませんでした。
【連載】珍称ファンド巡礼ツアー

『珍奇な愛称:新生・賢人の采配』新生・世界スマート債券ファンドから学ぶオフショア投資の現実(珍称ファンド巡礼ツアー)を400字で。

オフショア運用のマザーファンドに投資するファンドオブファンズ形式の債券ファンドについて紹介します。運用成績ではシンプルな債券インデックスファンドに大きく劣後する残念な成績。オフショアといっても特別な情報にアクセスできるわけではなく、特別な目利きが発揮できるでもないため妙なブランド感には騙されないようにしたいですね。
【連載】初心者卒業計画

損失限定型の投資信託に気を付けて!金融機関は教えてくれない『うまい話』の理想と現実

損失限定型の投資信託について、金融機関が教えてくれない裏側を解説します。損失限定型ファンドは確保ラインの存在により一定以上の損失が出ないよう設計されています。しかし確保ラインを割らないよう運用するばかりに下落時に買い向かえず、リスク資産の買い増し判断がなかなかできないという構造問題があり、当ブログではおすすめしません。
スポンサーリンク
【連載】珍称ファンド巡礼ツアー

【個人見解編】『珍奇な愛称:優くん』三菱UFJ 優良日本株ファンドから学ぶ新発売ファンド量産法(珍称ファンド巡礼ツアー)を400字で。

日本の投資信託業界は「新商品」が大好きです。当記事では既存のマザーファンドから新たに切り出しただけで「新商品」をうたうファンドの実例を挙げています。水増しとも言える新商品乱造の結果、日本の投資信託商品数は5千弱という無責任かつ無節操な増え方を見せています。その結果ゾンビ投信が溢れかえる現状は要改善でしょう。
【連載】珍称ファンド巡礼ツアー

【公式回答編】『珍奇な愛称:優くん』三菱UFJ 優良日本株ファンドから学ぶ新発売ファンド量産法(珍称ファンド巡礼ツアー)を400字で。

「愛称:優くん」こと三菱UFJ優良日本株ファンドには全く同じマザーファンドを採用しているクローンとも言うべきファンドが存在します。ファンド名は同じで「愛称:ちから株」です。両者は運用内容がまるっきり同じで販売会社と信託期間が異なる程度。思わず存在意義を運用会社の三菱UFJ国際投信に質問しちゃいました。
運用会社について

投資信託の商品開発で丸ごとすっ飛ばしているであろうプロセスは?を400字で。

アンケートモニターで色んなジャンルのアンケートに答えていると、ふと投資信託に関するアンケートがぜんぜん来ないことに気が付きました。投資信託業界では顧客分析など全くしないで商品開発をしている可能性が高いです。そう考えるとゾンビ投信が溢れかえっている現状も納得がいきます。せめて我々は自分のニーズに合ったファンドを選びたい。
アクティブ投資

三菱UFJ国際投信『mattoco』限定アクティブファンド、1年たったらこうなった!を400字で。

三菱UFJ国際投信が運営する直販サイト「mattoco」が2019年3月のサービス開始から1年経過しました。商品ラインナップの中で唯一のアクティブファンドであり唯一のmattoco限定ファンドである「これぞ、日本株」の運用レポートから、このファンドに資金がぜんぜん集まっていないことが明らかになってしまいました。
【連載】珍称ファンド巡礼ツアー

『珍奇な愛称:元気!』三井住友・スーパーアクティブ・オープンに見るブル運用の苦悩(珍称ファンド巡礼ツアー)を400字で。

三井住友・スーパーアクティブ・オープンは20年以上運用が続けられている長寿ファンド。2倍レバレッジを利かせるという特徴があるのですが、ITバブルとリーマンショックという二大暴落を経ているため基準価額は相当低くなっています。記事作成時点で発生している「コロナショック」の影響次第では繰上償還も十分にありえるかと。
【連載】珍称ファンド巡礼ツアー

『珍奇な愛称:出発しんこう!』AB 新興国分散ファンドに見るゾンビ投信の現実(珍称ファンド巡礼ツアー) を400字で。

アライアンス・バーンスタインの「新興国分散ファンド」は新興国の株式と債券に投資するアクティブファンド。株式と債券の比率を市場動向によって動的に調整する特色はありますが、裏目に出た時が心配です。このファンド最大の問題は純資産総額が気の毒なぐらい少ないこと。わずか3000万円の純資産からも販路を確保できていない事が分かる。
【連載】珍称ファンド巡礼ツアー

『珍奇な愛称:シャイニング・フューチャー』世界中小型株式ファンドの気になる評価は?(珍称ファンド巡礼ツアー)を400字で。

世界中小型株式ファンドは国内、先進国、新興国の中小型株に投資するファンドです。販売会社が少ないせいで主力販売会社であるみずほ銀行が営業に注力しなくなると途端に純資産が減少してきました。ネット証券でも全く売れておらず、今後の資金繰りは相当な苦戦が予想されます。リターン自体も設定来1.6%というイマイチな成績です。
スポンサーリンク