運用会社について

投資信託(ファンド)のリスク

【公式回答あり】ロボアドバイザーTHEO「AIアシスト」機能でコロナショックを軽減できたのか?を400字で。

ロボアドバイザーTHEOに実装されている「AIアシスト」機能についての問い合わせ結果を情報共有します。AIが「下落の可能性が高い」と判断するとポートフォリオを保守的に比率変更することで下落のダメージを軽減する機能です。コロナショックでもアラートは挙がったものの比率変更は微々たるもので下落は回避できませんでした。
インデックス投資

【速報】オンライン対談セミナー カンさんに聞く!withコロナ時代の「つみたて投資の極意」生視聴してきました。を400字で。

2020/08/27、ニッセイアセットマネジメント主催でカン・チュンド氏と大原常務の対談セミナーが行われました。セミナーの中で印象に残ったトピックが3つあったため私の考えも含め記事にします。ニッセイ世界株式ファンド(GDPバスケット)はまだ設定間もないのでこういう啓蒙の場があるのは好ましい事ではないでしょうか。
【連載】珍称ファンド巡礼ツアー

『珍奇な愛称:新生・賢人の采配』新生・世界スマート債券ファンドから学ぶオフショア投資の現実(珍称ファンド巡礼ツアー)を400字で。

オフショア運用のマザーファンドに投資するファンドオブファンズ形式の債券ファンドについて紹介します。運用成績ではシンプルな債券インデックスファンドに大きく劣後する残念な成績。オフショアといっても特別な情報にアクセスできるわけではなく、特別な目利きが発揮できるでもないため妙なブランド感には騙されないようにしたいですね。
スポンサーリンク
【連載】初心者卒業計画

損失限定型の投資信託に気を付けて!金融機関は教えてくれない『うまい話』の理想と現実

損失限定型の投資信託について、金融機関が教えてくれない裏側を解説します。損失限定型ファンドは確保ラインの存在により一定以上の損失が出ないよう設計されています。しかし確保ラインを割らないよう運用するばかりに下落時に買い向かえず、リスク資産の買い増し判断がなかなかできないという構造問題があり、当ブログではおすすめしません。
運用会社について

投資信託協会に晒し上げられた某運用会社は何をやらかしたのか?を400字で。

投資信託協会は2020/07/16、運用会社「イーストスプリング・インベストメンツ」が金融商品取引法に違反したとしてその全容を公開しました。信託銀行との契約解消に伴う解約金を支払いたくない一心で直接関係ないマザーファンドのコスト増を受け入れてしまったようです。運用会社が追う損失を末端の保有者に押し付けてしまうとは。
インデックス投資

【速報】ニッセイアセットマネジメントでカン・チュンド氏がZoomセミナー開催(2020/08/27)!を400字で。

2020年8月27日の20時より、ニッセイアセットマネジメントにてカン・チュンド氏のZoomセミナーが開催されます。今回はニッセイアセットマネジメントの上原常務との対談形式です。他には当ブログでもたびたび話題に挙げたニッセイ世界株式ファンド(GDPバスケット)についての紹介もあり、非常に楽しみです。
インデックス投資

【運用会社回答あり】ニッセイ世界株式ファンドはGDP比率の完全トレース?アレンジ許容?を400字で。

ニッセイ世界株式ファンド(GDPバスケット)はGDP比率に基づいてアセットアロケーションを決めるファンドです。しかし目論見書を見ても運用担当者の主観や判断がどれぐらい入るのか、それとも全く入らないかを読み取ることが困難でした。そこで運用会社のニッセイアセットマネジメントに質問したところ、運用担当の主観は入らないとのこと。
【連載】珍称ファンド巡礼ツアー

【個人見解編】『珍奇な愛称:優くん』三菱UFJ 優良日本株ファンドから学ぶ新発売ファンド量産法(珍称ファンド巡礼ツアー)を400字で。

日本の投資信託業界は「新商品」が大好きです。当記事では既存のマザーファンドから新たに切り出しただけで「新商品」をうたうファンドの実例を挙げています。水増しとも言える新商品乱造の結果、日本の投資信託商品数は5千弱という無責任かつ無節操な増え方を見せています。その結果ゾンビ投信が溢れかえる現状は要改善でしょう。
【連載】珍称ファンド巡礼ツアー

【公式回答編】『珍奇な愛称:優くん』三菱UFJ 優良日本株ファンドから学ぶ新発売ファンド量産法(珍称ファンド巡礼ツアー)を400字で。

「愛称:優くん」こと三菱UFJ優良日本株ファンドには全く同じマザーファンドを採用しているクローンとも言うべきファンドが存在します。ファンド名は同じで「愛称:ちから株」です。両者は運用内容がまるっきり同じで販売会社と信託期間が異なる程度。思わず存在意義を運用会社の三菱UFJ国際投信に質問しちゃいました。
運用会社について

投資信託の商品開発で丸ごとすっ飛ばしているであろうプロセスは?を400字で。

アンケートモニターで色んなジャンルのアンケートに答えていると、ふと投資信託に関するアンケートがぜんぜん来ないことに気が付きました。投資信託業界では顧客分析など全くしないで商品開発をしている可能性が高いです。そう考えるとゾンビ投信が溢れかえっている現状も納得がいきます。せめて我々は自分のニーズに合ったファンドを選びたい。
スポンサーリンク