販売会社(証券会社、銀行)について

【連載】珍称ファンド巡礼ツアー

人はなぜ投資信託に珍奇な愛称をつけるのか?珍称ファンド巡礼ツアー 旅立ち前に。を400字で。

投資信託には愛称がついているものが多数あります。愛称は確かに対面販売なんかで商品名を頻繁に口にする場合は必要なのかも知れませんが、愛称を付けることでかえって商品内容や運用内容が分かりにくくなってしまいます。むしろ分かりにくくするためにあえて愛称を付けているのでは?という邪推の審議を確かめるべく、珍称ファンドを巡ります。
販売会社(証券会社、銀行)について

世紀末救世主伝説あんしん一郎 from 全銀協 ~金融商品のトラブルから高齢者を守れ~を400字で。

内容が不明瞭な投資信託を買わされた。客に不利な「粗悪な保険」を買わされた。銀行に関する悪い噂はネット上ではいくらでもあるし、「銀行で金融商品を買わないこと」は賢明な投資家にとってもはや常識と言えます。そんな状況でこれ以上銀行の印象を損なってはいけないと、全国銀行協会(全銀協)が啓蒙動画を配信しています。今日はそのご紹介。
節税口座(NISA/iDeCo/企業型DC)

野村證券のつみたてNISA絶対零度!一般NISAの時はワッショイしてたのに。を400字で。

野村證券のつみたてNISAのサイトを見て驚き。なんと取扱商品が6商品?いくらつみたてNISAが儲けに直結しないからってちょっと熱量低すぎない?という記事です。野村證券自体は「6商品に厳選」とは言っているけど、つみたてNISAで販売できる商品が6商品しかなかったのでは?少なくとも野村證券はつみたてNISA向きではない!
投資信託(ファンド)のコスト

野村證券の投資信託には〇〇〇が明記されていない!を400字で。

野村證券のウェブサイトにて投資信託を調べていたら面白い発見がありました。アレを書いてないのはほぼ確信犯だろうと思いつつも「それ、野村にきいてみよう」をしてみました。
スポンサーリンク