オススメ投資信託

インデックス投資

【運用会社回答あり】ニッセイ世界株式ファンドはGDP比率の完全トレース?アレンジ許容?を400字で。

ニッセイ世界株式ファンド(GDPバスケット)はGDP比率に基づいてアセットアロケーションを決めるファンドです。しかし目論見書を見ても運用担当者の主観や判断がどれぐらい入るのか、それとも全く入らないかを読み取ることが困難でした。そこで運用会社のニッセイアセットマネジメントに質問したところ、運用担当の主観は入らないとのこと。
インデックス投資

ニッセイ世界株式ファンド(GDPバスケット)は世界経済インデックスファンドと共存できるか?を400字で。

ニッセイ世界株式ファンド(GDPバスケット)は国内/先進国/新興国の比率をGDP総額の比率によって決定する株式100%のバランスファンドです。同じ路線の世界経済インデックスファンドとは一線を画する株式100%組成はハイリスクなだけでなく、ポートフォリオのカスタムに大きな利便性をもたらす道具となりうるでしょう。
【連載】愚者小路の定点観察

世界経済インデックスファンドのGDP比率変遷を記録しておこう(2017年~2019年)。を400字で。

世界経済インデックスファンドは国内・先進国・新興国の配分比率をそれぞれのGDP比率にしたがって配分しているバランスファンド。2020年、経済に大きな影響をもたらしたコロナウイルスによる一連の騒動がGDP比率にどういう変化をもたらすのか、判明するのは2021年4月の目論見書更新の時となります。
スポンサーリンク
インデックス投資

eMAXIS Slimの総口数推移からインデックス投資家のタフさを学ぶ(株式編)。を400字で。

コロナショックによる暴落発生で多くの投資家が投資意欲をそがれたかのように見えた2020年4月、インデックス投資家は今がチャンスとばかりに強い買い意欲を見せていました。コロナショックから一か月間で低コストインデックスファンドのeMAXIS Slimシリーズでも国内株式と先進国株式が総口数ベースで13%も増加していました。
オススメ投資信託

【特別速報】投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2019!愚者小路も投票しました。を400字で。

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2019の季節がやってきました。投信ブロガーであれば誰でも投票の権利があります。ファンド業界の熱い注目を集めるファンドランキングに入るのはどの商品か?
オススメ投資信託

【後編】気が付けば10年到達。世界経済インデックスファンドの地道な快進撃。を400字で。

運用開始から10年を迎えた世界経済インデックスファンド。今日の繁栄は顧客のニーズを良い意味で貪欲に追い続け、多くの派生ファンドを作ってきたことにあります。金融機関側の都合でのみ作り続けてきた従来のファンドと一線を画する試みで多くの顧客のニーズと信頼を集めることに成功しています。このまま20年を目指してほしいものです。
インデックス投資

【前編】気が付けば10年到達。世界経済インデックスファンドの地道な快進撃。を400字で。

三井住友トラストアセットマネジメントの世界経済インデックスファンドが2019年1月をもって運用開始から10年を迎えました。最初のうちなかなか資金が集まらなかった同ファンドも徐々に評価されるようになり、純資産総額の増加がみるみる加速するようになりました。この堅実で地道な資産の集まり方こそ信頼の証ではないでしょうか。
インデックス投資

【豆知識】世界経済インデックスファンドと世界経済インデックス・オープンの違いとは。を400字で。

世界経済インデックスファンドとSMT世界経済インデックス・オープンは双子のように酷似していますが、ポートフォリオの組成方法に少しだけ違いがあります。世界経済インデックスファンドではGDP比率を基に運用者の考えを絡めて配分割合を決めていますが、世界経済インデックス・オープンではGDP比率をそのまま配分割合にしています。
【連載】初心者卒業計画

投資信託のチャート画面の見方を知れば優良ファンド/危険ファンドが即わかる!

投資信託のチャート画面には色々な情報が載っていますが、最も重視すべきは「純資産総額」です。純資産総額の額の大きさはもちろんのこと、純資産総額の推移が分かればそのファンドが優良ファンドか危険ファンドかが一目瞭然となります。当記事では4つの事例から優良ファンド/危険ファンドの特徴を解説しています。
オススメ投資信託

【豆知識】eMAXIS Slim 新興国株式インデックスがアメリカに投資してるのはどうして?を400字で。

eMAXIS Slim 新興国株式インデックスの投資対象国/地域を調べていたら先進国の「アメリカ」の表記が。運用会社である三菱UFJ国際投信に問い合わせたところ、新興国の一部銘柄はADRの制度を使ってアメリカで取引されているからと回答をいただきました。ADRがあったからこそ、新興国投資は身近なものになったんですね。
スポンサーリンク