【Yahoo知恵袋より】従業員全員につみたてNISAを強制!これパワハラ案件なんじゃないの?を400字で。

【Yahoo知恵袋より】従業員全員につみたてNISAを強制!これパワハラ案件なんじゃないの?を400字で。 【連載】Yahoo知恵袋:秀逸質問&回答録
この記事は約4分で読めます。
愚者小路
愚者小路

Yahoo知恵袋のちょっと考えさせられる質問や回答をご紹介する連載「Yahoo知恵袋 秀逸質問&回答録」
ナビゲーターの愚者小路です。


今回の事例は会社につみたてNISAを強要されている方からの質問。
お給料ぐらい当然の権利として従業員の自由にさせるべきななのに、嘆かわしいやら怒りがこみ上げるやら。
リスクを取らない選択肢のある企業型DCとはワケが違う!

質問

積立NISAについてどなたかわかる方に質問なのですが…務めてる会社から「従業員全員に積立 NISAを始めてもらう」とのことで、家計と相談して少額(金額は伏せます)でスタートすることになりました。

はじめは会社からそのNISAの金額が月々お給料から天引きされていたのですが、次は会社から「少額はもったいないから満額にしなさい」との指示。
こちらは承諾した覚えがないのですが、先日満額に定期契約したとのはがきが届きました。

恥ずかしながらNISAのこと殆ど全く知らないのですが勝手に満額に会社が変更できるものなのですか?

出典:Yahoo知恵袋
スポンサーリンク

厚生労働省のパワハラ定義と照らし合わせて考えてみよう

図・表・引用文・動画・ソースコード・改行コード・スペース・事後補足は字数に含めないであげてください。

400字、始め!

従業員の気持ちを軽視した、行き過ぎた業務命令である。
社労士でも何でもバックにつけて解決されるべき案件だが、現場にはそれを許さない空気が流れているのかも知れない。お気の毒だ。

厚生労働省によるパワハラの定義を引用しよう。

職場のパワーハラスメントとは

職場のパワーハラスメントとは、職場において行われる
①優越的な関係を背景とした言動であって、
②業務上必要かつ相当な範囲を超えたものにより、
③労働者の就業環境が害されるものであり、

①から③までの3つの要素を全て満たすものをいいます。

出典:厚生労働省「ハラスメントの定義」

上記の3つを満たすものがパワハラに該当する。
本件について1つずつ確認していこう。

①「優越的な関係を背景とした」言動とは

業務を遂行するに当たって、当該言動を受ける労働者が行為者とされる者(以下「行為者」という。)に対して抵抗や拒絶することができない蓋然性が高い関係を背景として行われるものを指します。

出典:厚生労働省「ハラスメントの定義」

まず経営者が従業員に対して優越的な背景を振りかざし強制している。
これはクロ。

②「業務上必要かつ相当な範囲を超えた」言動とは

社会通念に照らし、当該言動が明らかに当該事業主の業務上必要性がない、又はその態様が相当でないものを指します。

出典:厚生労働省「ハラスメントの定義」

本来自由に使えるはずの給料に対し明らかに「業務上必要な範囲を超えて」首を突っ込んでいる。
これもクロ。

③「就業環境が害される」とは

当該言動により、労働者が身体的又は精神的に苦痛を与えられ、就業環境が不快なものとなったために能力の発揮に重大な悪影響が生じる等の当該労働者が就業する上で看過できない程度の支障が生じることを指します。

出典:厚生労働省「ハラスメントの定義」

こちらは少し考慮を要する。
「つみたてNISA強制」に投資未経験な従業員はどう感じるだろうか。
投資の知識もないのに価格変動の荒波に放り込まれるのは大変な精神的苦痛ではないだろうか。

以上から私はこれをパワハラに該当すると結論付けた。

とはいえ私の憤懣ふんまんが先走りしている気もするのであなたにも問いたい。
アンケートでお答え願えないだろうか。

あなたは本件がパワハラに該当すると思いますか?
※ご自身の解釈でのびのびお答えください。

View Results

読み込み中 ... 読み込み中 ...

【次回予告】さーて、次回の愚者小路さんは

愚者小路
愚者小路

愚者小路です。


米国株流行りも手伝ってか、ずいぶんアツいブームになりましたね、レバナス。
(そろそろ過去形にしても怒られない頃かな?)
レバレッジ投信について是非を語る気はさらさらありませんが、手を出す前に理解しておかないといけないたった一つの「当たり前」があるのです。

ありがとうございます。

次回もまた見てくださいね。

次回のタイトル/内容は予告なく変更する場合があります。ご了承ください。
こちらランキング参加中です。
応援していただくとより多くの方にご覧いただけるし、投稿モチベーションも上がります。

↑いつもランキング向上にご協力ありがとうございます!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

・・・なんて機能はないけれど、本件と関連が深い記事です。
もう1ページ、いかがですか?

コメント