SBI証券

【連載】珍称ファンド巡礼ツアー

『珍奇な愛称:シャイニング・フューチャー』世界中小型株式ファンドの気になる評価は?(珍称ファンド巡礼ツアー)を400字で。

世界中小型株式ファンドは国内、先進国、新興国の中小型株に投資するファンドです。販売会社が少ないせいで主力販売会社であるみずほ銀行が営業に注力しなくなると途端に純資産が減少してきました。ネット証券でも全く売れておらず、今後の資金繰りは相当な苦戦が予想されます。リターン自体も設定来1.6%というイマイチな成績です。
販売会社(証券会社、銀行)について

投資信託ユーザーから見てマネックス証券ってこんなところ。本音の評価教えちゃいます。を400字で。

マネックス証券を使い続けて14年経ちました。当初は投資信託に強みを持っていたのですが、現在はSBI証券や楽天証券と比べて投資信託取扱本数も少なく、先頭グループの2社と比べて距離を空けられた印象があります。しかし低コストインデックスファンドのラインナップにはほとんど変わりがないため、インデックス投資には事欠かないです。
スポンサーリンク