金融商品

【連載】初心者卒業計画

【かんたん思考訓練】初心者が流行りの金融商品を買いたくなくなる魔法の質問

まだ投資と投機の区別がつかない、金融商品の選び方も分からないといった投資初心者にとって、今流行りの金融商品というのは魅力的に映ってしまうかも知れません。しかし常に情報を最後尾で拾うことになる投資初心者にとってそれは最後のババもしくは敗戦処理になりがちです。自身の背後に人がほとんどいないと思ったら手を出さないこと!
投資のスタンス・立ち位置を考える

暴落市場あるある?株式市場の底値圏で起こりがちな現象。を400字で。

株式市場の暴落も底打ちも、どちらも市場参加者が起こすことです。今回は株式市場の底値圏でわりと起こりがちな現象を3つ紹介します。人の不安と「楽になりたい」という願望が渦巻く底値圏では、いつだってだいたい同じことが起きているように思えます。ある程度投資経験が長ければ、あなたにもこういう「あるある」が見つかるかも。
販売会社(証券会社、銀行)について

世紀末救世主伝説あんしん一郎 from 全銀協 ~金融商品のトラブルから高齢者を守れ~を400字で。

内容が不明瞭な投資信託を買わされた。客に不利な「粗悪な保険」を買わされた。銀行に関する悪い噂はネット上ではいくらでもあるし、「銀行で金融商品を買わないこと」は賢明な投資家にとってもはや常識と言えます。そんな状況でこれ以上銀行の印象を損なってはいけないと、全国銀行協会(全銀協)が啓蒙動画を配信しています。今日はそのご紹介。
スポンサーリンク