運用報告書

投資信託(ファンド)のコスト

売買高比率から投資信託の「隠れ短期売買」を暴く!

投資信託は本来的に長期保有を前提とした金融商品です。しかし、その運用内で短期売買を行い取引コストをいたずらに増加させているファンドが一部存在します。運用報告書から売買高比率をチェックすると、売買の頻度がよく分かります。売買高比率の高くなる理由にもよりますが、一見の価値ありです。ぜひ保有中のファンドをチェックしてみよう。
【連載】珍称ファンド巡礼ツアー

【解答編】『珍奇な愛称:レッツ豪』オーストラリア好利回りバランス・ファンド(毎月) の気になる評価は?(珍称ファンド巡礼ツアー)を400字で。

オーストラリア好利回りバランス・ファンド(毎月) に全く資金流入出が発生していない原因を運用会社への問い合わせを基に推察しました。設定時に拠出された10億円に対し、運用開始後に集まった資金が900万円。集まった金額のあまりの小ささにほとんど資金流入出がないように見えたわけです。2年間で900万しか集まらないとは驚き。
インデックス投資

eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)が貸株をやってる?その利益は誰のもの?を400字で。

eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)の運用報告書を見ると、マザーファンドで貸株をしているという記載を発見しました。貸株の利益は運用会社の懐に入るのか基準価額に反映されるのか分からない私は勇気を出して運用会社である三菱UFJ国際投信に問い合わせをしてみました。意外と詳細にご回答いただけたので情報共有しましょう。
スポンサーリンク