販売手数料

投資信託(ファンド)のコスト

投資信託の購入時手数料とは

購入時手数料は投資信託における3大手数料の一つで、投資信託を購入する時に発生します。概ね0~3%の間で設定されており、同じ商品でも金融機関によって購入時手数料は異なります。ネット証券では総じて購入時手数料ゼロ(ノーロード)ファンドの取扱いが多くなっています。リターンにつながるコストではないのでノーロードがおすすめです。
【連載】初心者卒業計画

投資信託のコストを徹底解説。手数料の種類と目安を覚えよう

投資信託のコストは購入時手数料、信託報酬、信託財産留保分と3種類あります。このコスト、決して軽んじてはいけません。コストはあなたの投資のリターンを大きく左右します。当記事では各コストの意味や目安、銀行とネット証券でのコスト比較など詳細な情報をご用意して分かりやすく解説します。ファンド選びに役立てていただけると幸いです。
投資信託(ファンド)のコスト

野村證券の投資信託には〇〇〇が明記されていない!を400字で。

野村證券のウェブサイトにて投資信託を調べていたら面白い発見がありました。アレを書いてないのはほぼ確信犯だろうと思いつつも「それ、野村にきいてみよう」をしてみました。
スポンサーリンク