ブログ運営関連

ブログ話あれこれ

ありがとう200記事!愚者小路的オススメ記事3選(151~200記事編)を400字で。

2年ちょっとかけて当ブログの記事もようやく200記事に到達しました。皆様にご支援いただいたからこそたどり着けた到達点だと感じています。今回は151~200記事の中から印象に残ったオススメ記事を3つピックアップしてみます。
ブログ話あれこれ

投資系ブロガーだって金融商品/サービスの販売に関与してるか名言した方がいい説。を400字で。

投資や資産運用、金融商品に関するアドバイスや情報提供を受ける際、発信者の収益源を知っておくことは意外と重要です。特定の金融商品や金融サービスを購入/契約させることで何らかの見返りを得る立場の人であれば、その分だけ中立性や信頼性を割り引いて話を聞かなければなりません。投資系ブロガーについても全く同じことが言えるでしょう。
ブログ話あれこれ

ありがとう150記事!愚者小路的オススメ記事3選(101~150記事編)を400字で。

投信ブログ「愚者小路の400字」もいよいよ150記事に到達しました。ここまでご愛顧いただいた皆様に感謝すると共に、101~150記事までのオススメ記事を3つピックアップいたしました。雑誌に載ったりgoogle砲でバズったり色々な出来事があったなか、これからも独自路線で皆様のお役に立つ記事を書いてまいります。
スポンサーリンク
ブログ話あれこれ

【メディア掲載】Yen SPA! (エン・スパ)2020年冬号1月16日号に「愚者小路の400字」を掲載していただきました。を400字で。

Yen SPA! (エン・スパ)2020年冬号1月16日号(扶桑社)にわたくし愚者小路とこのブログが掲載されました。インデックス投資家として自身の投資理念とポートフォリオを紹介させていただいています。マネー誌でインデックス投資というのはなかなか取り上げてもらう機会のないテーマなので珍しい体験ができたなと思います。
ブログ話あれこれ

ブログキャラクターのイラスト依頼は表情差分セットがオススメ。使い勝手がハンパないぞ。を400字で。

ココナラだけでなく、イラスト作成依頼サイトでは自身のブログで使うキャラクターやイラストなど幅広く依頼することができます。その中でキャラクターの作成依頼をする際はなるべく喜怒哀楽といった各種表情(表情差分)をセットで注文した方が良いです。瞬間的に感情が伝わるイラストはブログ上での使い勝手を大きく向上させてくれます。
ブログ話あれこれ

ありがとう100記事!愚者小路的オススメ記事3選(51~100記事編)を400字で。

当ブログの記事がついに100記事に到達しました。特に51~100記事に至るまでの間多くの方々にご支援いただいてここまで到達することができました。今回は51~100記事の間で特にオススメしたい記事を3つピックアップしてお伝えします。ぜひご覧ください。
【連載】SEOと検索意図を探る

共起語ってホントに検索順位向上に役立つの?『投資信託』の共起語に驚き!を400字で。

共起語はある検索ワードとセットで登場しがちな言葉のことで、共起語が適度に盛り込まれていると検索エンジンの評価が高くなりやすいと言われています。自ブログのSEO対策に活かそうと「投資信託」の共起語分析をしたところ、安藤証券というマイナーな証券会社や私の名前「愚者小路」が出てくるに至り、共起語については気にしないことに。
Amazon関連ツール/サービス

たったコレだけだったの?Amazonアソシエイト・プログラムの審査に合格できない理由は電話番号にあった!を400字で。

Amazonアソシエイト・プログラムの審査に2回連続で落ちてしまい「コンテンツに問題あるんだろうか」と深刻に落ち込んでいましたが、実は電話番号に問題があり、正しく入力したらあっさり審査合格となりました。申請用の電話番号は国番号から入力するため、「080」で始めるのではなく「80」で始めるのが正解だったのです。
【連載】SEOと検索意図を探る

痛感!bingとgoogleの検索ロジックはタイトルの評価方法がこんなに違う(検索意図を探れ 第6回)。を400字で。

bingとgoogle、同じ検索エンジンでもそのロジックは大きく異なります。検索ワードと全く同じの「そのものズバリ」なタイトルを付けたところ、bingではあっさり表示順位1位を勝ち取ったのにも関わらず、googleでは表示順位が下落。bingでは「そのものズバリ」なタイトルがあれば優先表示してくれるみたいですね。
ブログ話あれこれ

ありがとう50記事!愚者小路的オススメ記事3選(1~50記事編)を400字で。

当ブログの記事がようやく50記事に到達しました。1~50記事目でオススメしたい記事を3つピックアップいたしました。最初からお付き合いいただいてる方ばかりではないでしょうから、この機会にお読みいただけると嬉しいです。
スポンサーリンク