文字数

【連載】SEOと検索意図を探る

検索意図に対し的確な答えを示すには記事の文字数はどれぐらい必要か(検索意図を探れ 第5回)を400字で。

SEO対策として記事の文字数がどれぐらいあれば良いか?大きなテーマですね。当ブログの400字程度の記事でも検索一位に躍り出る事例を紹介すると共に、仮説を導きました。検索意図に対する「答え」さえ的確に提供できれば文字数は関係ないのではないか。話題をしっかり細分化し、その情報について網羅的に語れれば少ない文字数でも良いはず。
Google関連ツール/サービス

【合格事例】google AdSence(アドセンス)申請、審査はこんな程度でパスできました。を400字で。

google AdSence(アドセンス)の申請、審査を経て無事にアカウントを有効にすることができました。これからいよいよ収益化デビューです。事前に調べた情報では文字数は〇文字以上とか諸説ありましたが、あまり文字の多くないウチで合格したのだからそこまで重要じゃないかも知れません。セオリーさえ押さえれば誰でも通るのかも。
ブログ話あれこれ

短文ブログでよかろうもん!愚者小路が提案、『コボちゃん仮説』とは。を400字で。

コボちゃんはなぜ12000回も続いているのか?小粒コンテンツの持つ強み、「カンタンに読める」という信頼性はブログにも応用できないだろうか?愚者小路がブログの方向性を再認識します。
スポンサーリンク