三井住友トラストアセットマネジメント

【連載】珍称ファンド巡礼ツアー

『珍奇な愛称:アチャ!インド 』販売会社がいない奇妙なファンド(珍称ファンド巡礼ツアー)を400字で。

三井住友トラストアセットマネジメントのSMTAM インド債券オープン(毎月決算型) は設定から1年半経っても販売会社が決まらない奇妙なファンド。そのため資金が集まらず、純資産総額は100万円のままです。運用期間10年のうち1年半を保有者ゼロで過ごしてしまっているこのファンドに販売会社が決まるのはいつの日か?
オススメ投資信託

【後編】気が付けば10年到達。世界経済インデックスファンドの地道な快進撃。を400字で。

運用開始から10年を迎えた世界経済インデックスファンド。今日の繁栄は顧客のニーズを良い意味で貪欲に追い続け、多くの派生ファンドを作ってきたことにあります。金融機関側の都合でのみ作り続けてきた従来のファンドと一線を画する試みで多くの顧客のニーズと信頼を集めることに成功しています。このまま20年を目指してほしいものです。
インデックス投資

【前編】気が付けば10年到達。世界経済インデックスファンドの地道な快進撃。を400字で。

三井住友トラストアセットマネジメントの世界経済インデックスファンドが2019年1月をもって運用開始から10年を迎えました。最初のうちなかなか資金が集まらなかった同ファンドも徐々に評価されるようになり、純資産総額の増加がみるみる加速するようになりました。この堅実で地道な資産の集まり方こそ信頼の証ではないでしょうか。
スポンサーリンク