投資関連

用語集

毎月分配型の投資信託とは

2015年ごろまで猛威をふるった毎月分配型の投資信託。既に勢いは衰えているものの、毎月分配に心惹かれる人は後を絶ちません。分配金を出すと基準価額が下がること、分配資金確保のため運用効率が悪くなること、分配金減額のたび資金流出が起こりさらなる運用効率悪化を招くことをわかりやすく説明します。証券会社の営業にはご注意を。
インデックス投資

【豆知識】世界経済インデックスファンドと世界経済インデックス・オープンの違いとは。を400字で。

世界経済インデックスファンドとSMT世界経済インデックス・オープンは双子のように酷似していますが、ポートフォリオの組成方法に少しだけ違いがあります。世界経済インデックスファンドではGDP比率を基に運用者の考えを絡めて配分割合を決めていますが、世界経済インデックス・オープンではGDP比率をそのまま配分割合にしています。
【連載】珍称ファンド巡礼ツアー

『愛称:ゼウス』 新光 US-REITオープン(珍称ファンド巡礼ツアー)の気になる評価は?を400字で。

全知全能の神、ゼウスの名を持つファンドはどれぐらい神運用なのか?新光 US-REITオープンのコストやリターン、純資産総額の現状を解説いたします。リターンが参考指標の半分程度しか出ていないうえ、分配金減額により資金流出が甚大です。既に毎月分配型の時代が終わったことを自覚した運用会社は無分配ゼウスを派生させています。
スポンサーリンク
投資のやり方・続け方

投資信託の金額指定購入と口数指定購入とは

投資信託購入時、金額指定購入か口数指定購入を選択することができます。ただし、両方選択可能なのは分配金受取コースを選んだ時のみ。分配金再投資コースを選んだ場合は金額指定購入しか選択できません。また、購入時手数料の掛かり方も両者で異なります。金額指定では購入時手数料込みで購入金額に収まりますが、口数指定では外側に乗ります。
【連載】珍称ファンド巡礼ツアー

『愛称:健次』グローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンドの気になる評価は?(珍称ファンド巡礼ツアー)を400字で。

『愛称:健次』グローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンドについて、商品詳細をまとめたうえで設定来リターンや直近のリターンについて評価しています。資金流出が続くここ3年では大変な苦戦を強いられており、資金流出とバリュー投資の相性の悪さが浮き彫りになっているのがよく分かります。皆様の評価はぜひ格付けフォームにお願いします。
【連載】珍称ファンド巡礼ツアー

【補足】珍称タイプは全4種類。珍奇な愛称には命名パターンがあるのです。(珍称ファンド巡礼ツアー)

様々な珍称ファンドを取り上げるにあたり、命名パターンをまとめました。珍奇な愛称は「擬人型」「大風呂敷型」「ダジャレ型」「意味不明型」の4種類に分けられます。愛着を持たせる目的のもの、期待を抱かせる目的のもの、印象付け先行のもの、意味不明なものなど命名の意図も様々。他記事で毎回解説しないで済むよう、まとめ記事にしました。
【連載】珍称ファンド巡礼ツアー

人はなぜ投資信託に珍奇な愛称をつけるのか?珍称ファンド巡礼ツアー 旅立ち前に。を400字で。

投資信託には愛称がついているものが多数あります。愛称は確かに対面販売なんかで商品名を頻繁に口にする場合は必要なのかも知れませんが、愛称を付けることでかえって商品内容や運用内容が分かりにくくなってしまいます。むしろ分かりにくくするためにあえて愛称を付けているのでは?という邪推の審議を確かめるべく、珍称ファンドを巡ります。
投資信託(ファンド)のコスト

ロボによるテクニカル分析の実力は?ARTテクニカル運用日本株式ファンドの紹介。を400字で。

ARTテクニカル運用日本株式ファンドはロボットがチャート分析で銘柄を選択するという、変わったファンドです。5台のロボがそれぞれの視点で買い時の銘柄を探してくれる良さげなファンドに見えるのですが、実際のリターンはベンチマークの日経平均に全敗。しかも資金流出が続き、繰上償還の可能性もあるという現状。詳細は記事をご覧下さい。
【連載】初心者卒業計画

投資信託のチャート画面の見方を知れば優良ファンド/危険ファンドが即わかる!

投資信託のチャート画面には色々な情報が載っていますが、最も重視すべきは「純資産総額」です。純資産総額の額の大きさはもちろんのこと、純資産総額の推移が分かればそのファンドが優良ファンドか危険ファンドかが一目瞭然となります。当記事では4つの事例から優良ファンド/危険ファンドの特徴を解説しています。
投資のやり方・続け方

投資の勉強はインプットだけじゃ身に付かない!投資ブログ作りのススメ。を400字で。

投資の勉強法・学習法には「本を読む、ネットで調べる」など手段が色々ありますが、詰込み一辺倒ではすぐに忘れてしまいます。きちんとInput、Process、Outputを通して覚えれば自然と知識が己の血肉になるのです。当記事では投資ブログを作ることでInput、Process、Outputを実践できると提案します。
スポンサーリンク